ツチフキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツチフキ
Abbottina rivularis by OpenCage.jpg
ツチフキ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: コイ目 Cypriniformes
: コイ科 Cyprinidae
亜科 : カマツカ亜科 Gobioninae
: ツチフキ属 Abbottina
: ツチフキ A. rivularis
学名
Abbottina rivularis
(Basilewsky, 1852)
和名
ツチフキ(土吹)
スナモロコ
ドロモロコ
英名
Chinese False Gudgeon

ツチフキ(土吹、Abbottina rivularis)は、コイ科カマツカ亜科に属する魚。別名にはスナモロコドロモロコなどがある[1]

分布[編集]

日本列島を含む、アムール川流域から紅河流域までの広範囲に分布する。メコン川上流からも記録がある[2]。日本では近畿以西の本州、四国、九州に分布しているが、近年は東日本にも多く移入されている。

形態[編集]

カマツカと似ているが、体長が10 cm程度までしか大きくならないこと、吻が若干丸みを帯びていること、背びれの大きさが体長に比べて大きめであるということなどの違いがある。口は下側に開いていて、1対のひげを持つ[1]

生態[編集]

流れのあまりない水路、河川や、湖に生息。砂底を好むカマツカに対し、本種は泥底を好む。産卵期は春から初夏で、この期間、オスが泥底に産み付けられたを保護する、婚姻色は目立たない。

人間との関係[編集]

食用とすることはほぼない。また、ペットショップでは、他の日本産淡水魚の飼育水槽におけるタンクメイトとして販売されることがある。

参考文献[編集]

  1. ^ a b 木村義志 『フィールドベスト図鑑 日本の淡水魚』 学習研究社2000年8月4日ISBN 4-05-401120-9
  2. ^ C Vidthayanon, M Kottelat (1995). “First record of Abbottina rivularis (Cyprinidae: Gobioninae) from the Mekong basin”. Japan. J. Ichthyol. 41 (4): 463-465. http://www.wdc-jp.biz/pdf_store/isj/publication/pdf/41/414/41412.pdf.