ツシマサンショウウオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツシマサンショウウオ
保全状況評価[a 1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 有尾目 Urodela
亜目 : サンショウウオ上科 Cryptobranchoidea
: サンショウウオ科 Hynobiidae
: サンショウウオ属 Hynobius
: ツシマサンショウウオ
H. tsuensis
学名
Hynobius tsuensis Abe, 1922
和名
ツシマサンショウウオ
英名
Tsushima salamander

ツシマサンショウウオHynobius tsuensis)は、サンショウウオ科サンショウウオ属に分類される有尾類

分布[編集]

日本対馬[1]固有種[2]

形態[編集]

全長10-12センチメートル[1][2]。体側面に入る皺(肋条)は左右に13本(まれに12本)ずつ[1]。尾の背面および腹面の外縁には黄色や橙色の縦縞が入る[2]

孵化直後の幼生は側頭部の左右に1つずつ突起(平衡桿、バランサー)があり、平衡感覚を保つのに役立つと考えられている[1]

生態[編集]

森林や林縁内を流れる渓流の周辺に生息する[2]

繁殖形態は卵生。2-4月に水深が浅く流れの緩やかな渓流や伏流内にコイル状の卵嚢に包まれた12-40個の卵を産む[1][2]

保全状態評価[編集]

準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト[a 2]

Status jenv NT.png

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 千石正一監修 長坂拓也編 『爬虫類・両生類800図鑑』、ピーシーズ、2002年、290-291頁。
  2. ^ a b c d e 深田祝監修 T.R.ハリディ、K.アドラー編 『動物大百科12 両生・爬虫類』、平凡社1986年、69頁。

外部リンク[編集]

  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Hynobius tsuensis. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  2. ^ 環境省