ツクバネウツギ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツクバネウツギ属
Abelia spathulata 2.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: マツムシソウ目 Dipsacales
: スイカズラ科 Caprifoliaceae
: ツクバネウツギ属 Abelia
学名
Abelia R.Br.
  • 本文参照

ツクバネウツギ属(つくばねうつぎぞく、学名:Abelia )はスイカズラ科の一つ。

特徴[編集]

がよく分枝する落葉または半常緑の低木は対生し、縁に鋸歯をもつか全縁、葉柄の基部は広がらず、合着もしない。萼片は2-5個でよく目立ち、和名の由来にもなっている。の先端または葉腋から1-3個、まれに8個のからなる花序をだすが、しばしば2個ずつつける。花冠は鐘状漏斗形で、上部は5裂し、背腹性がある。雄蕊は4本ある。果実痩果となり、先端に萼片を残す。

学名Abeliaは、中国でAbelia chinensisを採集したイギリスの博物学者、クラーク・エーベル(Clarke Abel)に由来する。

分布[編集]

東アジア、メキシコに分布し、約15種知られる。日本では4種が知られている。

日本の種[編集]

  • タイワンツクバネウツギ Abelia chinensis R.Br. var. ionandra (Hayata) Masam.
    • アベリア(ハナゾノツクバネウツギ)Abelia × grandiflora (André) Rehder
  • コツクバネウツギ Abelia serrata Siebold et Zucc.
    • ヒロハコツクバネウツギ Abelia serrata Siebold et Zucc. f. gymnocarpa (Graebn.) Sugim.
    • ホソバツクバネウツギ Abelia serrata Siebold et Zucc. f. obspathulata (Koidz.) Sugim.
    • ベニバナコツクバネウツギ Abelia serrata Siebold et Zucc. f. sanguinea (Sugim..) Sugim.
    • オニツクバネウツギ Abelia serrata Siebold et Zucc. var. tomentosa (Koidz.) Nakai
  • オオツクバネウツギ Abelia tetrasepala (Koidz.) H.Hara et S.Kuros.
  • ツクバネウツギ Abelia spathulata Siebold et Zucc.
    • タキネツクバネウツギ Abelia spathulata Siebold et Zucc. f. colorata (H.Hara et S.Kuros.) H.Hara et S.Kuros.。
    • ヤエノツクバネウツギ Abelia spathulata Siebold et Zucc. f. duplexa H.Ohba
    • ケツクバネウツギ Abelia spathulata Siebold et Zucc. f. pilosa Nakai
    • ベニバナノツクバネウツギ Abelia spathulata Siebold et Zucc. var. sanguinea Makino
    • ウゴツクバネウツギ Abelia spathulata Siebold et Zucc. var. stenophylla Honda

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]