ツェツィーリエンホーフ宮殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツェツィーリエンホーフ宮殿

ツェツィーリエンホーフ宮殿(ツェツィーリエンホーフきゅうでん、ドイツ語: Schloss Cecilienhof)は、ドイツポツダムにある宮殿

1917年に当時皇太子であったヴィルヘルム・フォン・プロイセンのために建設された。

日本ではポツダム会談が開かれた場所として有名。

1990年に、宮殿の建物および庭園は「ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群」の1つとしてユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録された。一部がホテルとして利用されている。