ツェッペリン・シュターケン E.4/20

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ツェッペリン・シュターケン E.4/20

ツェッペリン・シュターケン E.4/20

ツェッペリン・シュターケン E.4/20

ツェッペリン・シュターケン E.4/20(Zeppelin-Staaken E-4/20)は1920年に製作されたドイツ旅客機である。全金属の応力外皮構造を採用し先進的な機体であった。

第一次世界大戦中に一連の巨人爆撃機Rシリーズを製造したツェッペリン・シュターケン(Zepplin Werke Staaken または Zepplin-Werke GmbH)の最後の機体となった。4基のマイバッハ6気筒直列水冷エンジン(260HP)で固定ピッチプロペラを駆動された単葉機である。肩翼配置の主翼は半片持ち翼で、胴体と頑丈な固定脚から張り線で支持された。背が高く幅狭い胴体が特徴で、最大18人の乗客が登場できたキャビンの両側には窓が設けられた。第一次世界大戦敗戦後の1920年9月連合国の士官の立会いの下で試験飛行が行われたが、連合国によって生産販売は許可されることはなく、試作機は廃棄された。

性能・主要諸元[編集]

※使用単位についてはWikipedia:ウィキプロジェクト 航空/物理単位も参照

  • 乗員:4名
  • 乗客:12-18名
  • 全長:16.6m
  • 翼幅:31m
  • 翼面積:106.0 m2
  • 発動機:マイバッハ IVa
  • 最大速度:230 km/h
  • 航続距離:1200 km

外部リンク[編集]