ツェザール・ブレスゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ツェザール・ブレスゲン(Cesar Bresgen、1913年10月16日 - 1988年4月7日)は、オーストリア作曲家

フィレンツェで芸術家夫婦のアウグストとマリアの間に生まれる。ツェル・アム・ゼーミュンヘンプラハザルツブルクで幼年期を過ごし、1930年から1936年までミュンヘン音楽大学ピアノオルガン指揮を学び、作曲ヨーゼフ・ハースに師事した。1936年から1938年までバイエルン放送局に勤務し、1939年にはザルツブルクのモーツァルテウムの教授となった。青少年向け作品の作曲家の先駆者的存在で、ヒトラー・ユーゲントのために合唱曲を多数書いている。1944年から1945年まで兵役にとられる。戦後はミッターシルでオルガニスト・合唱指導者などを務め、そこでアントン・ヴェーベルンと出会い、大きな影響を受けた。1947年には再びモーツァルテウムの教授となった。1976年、オーストリア国家賞を受賞。

主な作品[編集]

オペラ[編集]

  • プラハの天使

カンタータ[編集]

  • もじゃもじゃペーター

室内楽[編集]

  • 弦楽四重奏
  • ザルツブルク・ディヴェルティメント
  • エレジー~12のチェロのための
  • 2台のピアノと打楽器のための組曲

マンドリンオーケストラ[編集]

  • 小舞曲
  • チュルク民族組曲

リコーダーアンサンブル[編集]

  • スペイン組曲
  • ジプシーの12の舞曲

合唱[編集]

  • 7つの古いハンガリー民謡による合唱曲
  • 4つの古いドイツの詩による合唱曲
  • パン焼きの歌