ツァヴタット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツァヴタット
Cavtat
丘からのツァヴタットの町の眺め
丘からのツァヴタットの町の眺め
位置
ツァヴタットのクロアチアでの位置の位置図
ツァヴタットのクロアチアでの位置
座標 : 北緯42度34分46秒 東経18度13分15秒 / 北緯42.57944度 東経18.22083度 / 42.57944; 18.22083
行政
クロアチアの旗 クロアチア
  ドゥブロヴニク=ネレトヴァ郡
 基礎自治体 コナヴレ
ツァヴタット
人口
人口 (2001年現在)
  域 2,015人
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
郵便番号 20000
市外局番 +385 022
ナンバープレート DU

ツァヴタットクロアチア語: Cavtat,イタリア語: Ragusavecchia,ギリシア語: Επιδαυρος)はクロアチアドゥブロヴニク=ネレトヴァ郡にある町で、ドゥブロヴニクの南15kmのアドリア海沿岸に位置しコナヴレ基礎自治体の中心である。

歴史[編集]

ツァヴタットはクロアチアにある町の中でも長い歴史がある場所である。原型は紀元前6世紀ギリシャ人たちによってエプダウロスと呼ばれる都市が築かれた時に遡る。エピダウロスの名はペロポネソス半島アスクレーピオスを守護神とするエピダウロスにも見られる[1][2] 。周辺部にはイリュリア人たちが住んでおり、ツァヴタットのことをザプタル(Zaptal)と呼んでいた[3]

エプダウロスの名が変わったのは紀元前228年ローマ帝国の支配下になってからである。東ローマ帝国ユスティニアヌス王朝第二代皇帝であるユスティニアヌス1世ゴート戦役時、戦艦を送り込み町を占拠した[4]7世紀に入るとアヴァールスラヴ人により略奪や破壊に見舞われる[5]中世、町はラグーサ・ベッキーア(Ragusa-Vecchia)として再建されている[6][7] 。暫くして、近隣の強大なラグーサ共和国の影響下に入った。今日のクロアチア語での町の名となっているツァヴタットは古くからの由来とドゥブロブニクとの関係を表している。ツァヴタットはラテン語で旧市街を意味するティヴィータス・ヴェトゥース(Civitas Vetus)から来ている。現代のツァヴタットは著名な観光地として多くのホテルやプライベートホーム、貸しアパートや貸し部屋が立地する他、海沿いにはレストランやショップが林立している。フェリーによって近隣のムリニやドゥブロヴニクとも結ばれている。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Aulus Hirtius, De Bello Alexandrino XIV
  2. ^ Austria: Her People & Their Homelands by James Baker,""... dates back to the sixth century BC., when the Greeks founded here Epidaurus"
  3. ^ Dictionary of Greek and Roman Geography: Abacaenum-Hytanis. 1854 by Sir William Smith
  4. ^ Ostrogoths were at war with Byzantine Empire in the 6th century.
  5. ^ Researches on the Danube and the Adriatic by Andrew Archibald Paton (1861). Contributions to the Modern History of Hungary and Transylvania, Dalmatia and Croatia, Servia and Bulgaria- page 247
  6. ^ Notizie Istorico-Critiche Sulla Antichita, Storia, e Letteratura de' Ragusei (published in two vols) by Francesco Maria Appendini.
  7. ^ The Biographical Dictionary of the Society for the Diffusion of Useful Knowledge Volume 3, Part 1. 1843. Great Britain

外部リンク[編集]