チーナ・カーロリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チーナ・カーロリ
Тіна Кароль
ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2006のドレス・リハーサルにおけるチーナ・カーロリ
ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2006のドレス・リハーサルにおけるチーナ・カーロリ
基本情報
出生名 Тетяна Григорівна Ліберман
別名 テチャーナ・リベルマーン
出生 1985年1月25日(29歳)
ロシアの旗 ロシアマガダン州オロトゥカーン居住区
学歴 国立航空大学在学
出身地 ウクライナの旗 ウクライナイヴァーノ=フランキーウシク州イヴァーノ=フランキーウシク
ジャンル ポップス
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1996年 -
公式サイト www.tinakarol.com.ua/

チーナ・カーロリ(ウクライナ語:Ті́на Ка́рольチーナ・カーロリロシア語:Тина Карольチーナ・カーラリ1985年1月25日オロトゥカーン - )は、ロシア生まれのウクライナ歌手女優である。ラテン文字表記としては、公式にTina Karolを用いている。「ウクライナのブリトニー・スピアーズ」と呼ばれることもある。

チーナ・カーロリというのは芸名で、本名はウクライナ語名でテチャーナ・フルィホーリウナ・テチャーナ・リベルマーン(Тетя́на Григо́рівна Ліберма́нテチャーナ・フルィホーリウナ・リベルマーン)、ロシア語名でタチヤーナ・グリゴーリエヴナ・リーベルマン(Татья́на Григо́рьевна Либерма́нタチヤーナ・グリゴーリイェヴナ・リビルマーン)である。

概要[編集]

ソ連時代の1985年、ロシア・ソヴィエト連邦社会主義共和国極東のマガダン州オロトゥカーン居住区に住まうウクライナユダヤ人の一家に生まれた。

6歳のとき、父とともに西ウクライナイヴァーノ=フランキーウシクへ移住した。普通科学校の11クラスを修了後、音楽学校ピアノ科へ入学し8年間学んだ。

音楽学校を卒業後、キエフR・M・グリエール記念キエフ国立高等音楽院に入学した。現在は国立航空大学通信教育学生として経営学記号論理学を学んでいる。また、同時にウクライナ軍の歌舞団でソリストとしても活動している。軍務のため、2005年にはウクライナの国際平和調停部隊の一員としてイラクコソヴォに派遣されている。

ユース、地方、国際を問わずユダヤ音楽ミュージカル演劇などに関する多くのフェスティバルやコンクールに参加し、20以上のグランプリや最高賞を獲得している。特に、2006年にはウクライナを代表してユーロビジョン・ソング・コンテストに参加し、第7位を獲得している。これまで、自身の演奏会の開催の他、テレビ出演も多く行っている。また、2006年後半はロシアで新作映画の撮影に取り組んでいる。

経歴[編集]

  • 1996年«Спиваночка-джазочка»に参加、3位を獲得した。
  • 1997年 - «Золоті трембіти»«Юні зірки Прикарпаття»(沿カルパチアの若いスターたち)に参加、ともに1位を獲得した。
  • 1998年 - «Таланти твої, Україно»«Шолом, Украина»に参加、ともに1位を獲得した。
  • 1999年 - «Різдвяні зустрічі у Братів Блюза»では2位、«Чорноморські ігри»(黒海ゲーム)では3位、«Золотий тік»ではグランプリ、«Під однією зіркою»(ひとつの星の下で)では1位を獲得、この他にフェスティバル«Мы дети твои, Украина»(ウクライナ、私たちはあなたの子供です)に参加した。
  • 2000年アメリカ合衆国ニューヨークフィラデルフィアダラスデトロイトヒューストンミルウォーキー各都市で開催された慈善フェスティバルで行われた17のコンサートに参加した。
  • 2001年 - «Молодая Галичина»(若きハルィチナー)では2位、«Едельвейс»(エーデルワイス [要曖昧さ回避])では1位を獲得、«Сім культур»(7つ芸術)のではイスラエルへ赴いた。
  • 2002年 - 演劇のコンクール«Перший всеукраїнський конкурс артистів естради»(第1回全ウクライナ・エストラーダ俳優コンクール)では2位、«Первый всеукраинский конкурс израильской песни»(第1回全ウクライナ・イスラエルの歌コンクール)では1位を獲得、ガラコンサート «Славянский базар»(スラヴバザール)ではウクライナの代表を務めた。
  • 2003年 - ウクライナ軍の歌舞団に入り、ソリストを務める。「ウクライナ国会奨学金」とキエフ市からの謝礼を受ける。アレクサンドル・ズロートニクのミュージカル『赤道』(«Екватор»)には「Т. Либерман」のクレジットで出演し、主演女性役のマルガレートを演じた。
  • 2004年キエフ青年劇場で行われたアレクサンドル・ゼクンの演劇『聖神降臨祭』(ペンテコステ«Духів день»)に「Т. Либерман」のクレジットで出演し、マールファ=ブィリーツァ役を演じた。コンクール«Нью-Йорк - Киев - Тель-Авив»(ニューヨーク=キエフ=テルアビブ)でグランプリ、ミス・コンテスト«мисс Галичина»(ミス・ハルィチナー)で優勝を飾った。オーストリアアソルで催されたミュージカル『アソル』(«Ассоль»)では、主役を演じた。演劇『馬の卵』(«Яйцо лошади»)でも主役を演じた。この舞台では全編通じてア・カペラで歌った。また、ユーロビジョン・ソング・コンテスト2004の準決勝に参加した。なお、この年ウクライナの代表に選ばれたルスラナは、本選で見事第1位を獲得した。
  • 2005年 - ロンドンイギリス王室で開催されたで開かれたロシアの慈善ダンスパーティーに参加した。ソロアルバムを製作した。ラトヴィアユールマラで開催されたボーカリストの国際コンテスト「New Wave-2005」では、第2位を獲得、東側諸国の大歌手で女優のアーラ・プガチョーヴァから賞を授与された。さらに、これまでの業績によりウクライナの「国民俳優」の称号を得た。同称号保持者としては最年少者である。ウクライナのイラク平和調停部隊派遣に際しては、率先して派遣部隊に参加した。また、コソヴォへの部隊派遣にも参加した。最初のアルバム«Show me your love»を発表。
  • 2006年 – 3月11日にはコンクール«Ти - зірка!»(君がスターだ!)に参加した。英語による«I Am Your Queen»(私はあなたの女王さま)で、ユーロビジョン・ソング・コンテストへの代表先行コンクールを突破した。5月18日から20日にかけてギリシャの首都アテネで行われたユーロビジョン・ソング・コンテスト2006にウクライナ代表として参加、«I Am Your Queen»を作り直した«Show Me Your Love»(あなたの愛を私に見せて)を歌った。準決勝で第7位、決勝でも145点を獲得して第7位となった。2枚目のアルバム«Ноченька»を発表。
  • 2007年 - 3枚目のアルバム«Полюс притяжения»を発表。また、チーナ、フィリップ・キルコーロウ、アーラ・プガチョーヴァが役を演じる舞台用の«Большие приключения Паутинки»という物語を書いた。12月6日1+1で放送されたウクライナ軍にとって初めてのミュージック・クリップとなる「ジールクィ・ヴァールミイ(Зірки в армії:「軍のスターたち」)」に出演。なお、この年まではホームページはウクライナ語であったが、ロシア語に改められた。
  • 2008年 - 3月25日、「Viva!」誌にて「2007年のウクライナで一番美しい女性」に選ばれる。

外部リンク[編集]