チンターマニー・ラーオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CNRrao2.jpg

チンターマニー・ナーゲーシャ・ラーマチャンドラ・ラーオ(Chintamani Nagesa Ramachandra (CNR) Rao, चिंतामणी नागेश रामचंद्र राव, 1934年6月30日)はインド化学者

バンガロール生まれ。1951年マイソール大学を卒業し、バナーラス・ヒンドゥー大学を経て、1958年パデュー大学で学位を得た。1984年から1994年の間インド科学研究所(Indian Institute of Science )の所長、パデュー大学オックスフォード大学ケンブリッジ大学ラトローブ大学(オーストラリア)などの客員教授を務め、インド政府の科学諮問会議の議長も務めた。

材料科学、固体化学の権威で、遷移金属酸化物の分野で功績があった。La2CuO4のような層状(二次元)構造の酸化物の合成に最初に成功した化学者のひとりである。金属・絶縁体転位の制御の分野や、超巨大磁気抵抗 (Colossal Magneto-resistance: CMR)や、高温超伝導の分野に貢献した。

2000年にイギリス王立協会からヒューズ・メダル、2004年にインド科学賞(India Science Award)、2005年にダン・デービッド財団からダン・デービッド賞、フランス政府から民間人に贈られる最高の勲章 レジオンドヌール勲章(Chevalier de la Legion d'Honneur)を贈られた。