チロシンtRNAリガーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
tyrosine-tRNA ligase
識別子
EC番号 6.1.1.1
CAS登録番号 9023-45-4
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

チロシンtRNAリガーゼ(Tyrosine—tRNA ligase、EC 6.1.1.1)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

ATP + L-チロシン + RNA\rightleftharpoonsAMP + 二リン酸 + L-チロシルtRNATyr

従って、この酵素は、ATPとL-チロシンRNAの3つの基質、AMP二リン酸とL-チロシル-tRNATyrの3つの生成物を持つ。

この酵素はリガーゼに分類され、特にアミノアシルtRNAと関連化合物に炭素-酸素結合を形成する。系統名はL-チロシン:tRNATyrリガーゼ(AMP生成)(L-tyrosine:tRNATyr ligase (AMP-forming))である。この酵素は、フェニルアラニン、チロシン、トリプトファン生合成及びアミノアシルtRNAの生合成に関与している。


構造[編集]

2007年末時点で、34個の構造が解かれている。蛋白質構造データバンクのコードは、1H3E1J1U1JH31JII1JIJ1JIK1JIL1N3L1NTG1Q111TYA1TYB1TYC1TYD1U7D1U7X1VBM1VBN1WQ31WQ41X8X1Y421ZH01ZH62AG62CYA2CYB2CYC2DLC2HGZ2J5B2TS13TS14TS1である。

出典[編集]

  • ALLEN EH, GLASSMAN E, SCHWEET RS (1960). “Incorporation of amino acids into ribonucleic acid. I. The role of activating enzymes”. J. Biol. Chem. 235: 1061–7. PMID 13792726. 
  • Cowles JR, Key JL (1972). “Demonstration of two tyrosyl-tRNA synthetases of pea roots”. Biochim. Biophys. Acta. 281 (1): 33–44. PMID 4563531. 
  • HOLLEY RW, BRUNNGRABER EF, SAAD F, WILLIAMS HH (1961). “Partial purification of the threonine- and tyrosine-activating enzymes from rat liver, and the effect of patassium ions on the activity of the tyrosine enzyme”. J. Biol. Chem. 236: 197–9. PMID 13715350. 
  • Schweet RS and Allen EH (1958). “Purification and properties of tyrosine-activating enzyme of hog pancreas”. J. Biol. Chem. 233: 1104–1108. PMID 13598741. 
  • Brick P, Bhat TN, Blow DM (1989). “Structure of tyrosyl-tRNA synthetase refined at 2.3 A resolution Interaction of the enzyme with the tyrosyl adenylate intermediate”. J. Mol. Biol. 208 (1): 83–98. doi:10.1016/0022-2836(89)90090-9. PMID 2504923.