チリ中央峡谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チリ中央峡谷スペイン語: Valle Central)、中間低地又は縦谷は、チリ海岸山脈アンデス山脈の間にある低地である。チリ中央峡谷は、谷の一部を構成する中央チリと混同する場合がある。地質学上の最も広い定義では、南緯20度のパンパ・デル・タマルガルから南緯46度のオフキ峡にかけて、広がっている。ブドウ栽培の中央峡谷は、サンティアゴからビオビオ州まで及ぶ。

プエルトモントもときどき、中央峡谷の一部として考えられる場合がある。ここでは、谷は海面下に位置し、オフキ峡まで島としてところどころ姿を現す。

外部リンク[編集]

座標: 南緯35度20分07秒 西経70度43分48秒 / 南緯35.33529度 西経70.72998度 / -35.33529; -70.72998