チラデンテス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チラデンテス(Tiradentes、本名:Joaquim José da Silva Xavier 1746年8月16日 - 1792年4月21日)は、ブラジルの独立運動の先駆者である。彼はポルトガルの支配に抵抗し、ブラジルの独立に大きく貢献した。最終的にポルトガル政府に拘束され処刑されたが、現在はブラジルの英雄として広く国民に知られている。

生い立ち[編集]

ブラジルミナスジェライス州サン・ジョアン・デル・レイの近郊にある小さな村の貧しい農家の息子として生まれた。両親の死後、名付け親に引き取られヴィラリカに移り住んだ。 チラデンテスは外科医だった家庭教師に育てられたため、公教育は受けていないものの高い教育が施され、歯科医師になった。チラデンテスとはポルトガル語で「歯を抜く」という意味をもっていて、この通称は彼の職種に由来している。彼は歯科医師の他にも牛追いや炭坑夫などいくつかの職業を経験しており、ミナスジェライス地方の騎士団の一員でもあったが、地元貴族では無かったため昇進はできなかった。

政治的思想[編集]

チラデンテスは金に恵まれた地方に住んでいたことで養われた鉱物に関する知識を元手に公共サービスの事業に参加して、金をポルトガルに運ぶのに使われていたヴィラリカ-リオデジャネイロ間の道路沿いにある町に仕事で行くことになった。当時、ブラジルはポルトガルの植民地であり、ポルトガルは多くの金を欲していたが、ブラジルにおける金の産出量は減少の一途をたどっていた。ブラジルはポルトガルの求める量の金を用意することができず、それに対するderramaとよばれる罰金税をポルトガル政府から求められていた。赴任してから彼は金をはじめとする多くの鉱山資源がポルトガルに流れ出しているのを目の当たりにし、いかにブラジル人がポルトガル人に搾取されているかを知った。彼は赴任地までの道のりの途中でヨーロッパ人から自由のための独立という概念を学んだ後、1788年にヴィラリカ地方の統治者の息子であるJosé Alvares Macielと出会い、ともに独立運動のグループを立ち上げ、このグループはブラジル中に独立思考を広めようと活動した。 ルソーの思想とアメリカ独立革命から影響を受け、チラデンテスは自由を求めるinconfidência Mineiraという団体に所属、独立国の樹立を目指し大学を設立した。その団体の旗は現在ミナスジェライス州の州旗として使用されている。

逮捕・裁判と処刑[編集]

ブラジルにおける独立を求める動きが活発になった1789年2月のderrama徴収の日に、チラデンテスは独立運動を展開した。しかしこの運動は仲間内の裏切りによりポルトガル政府に摘発され、1789年5月10日に逮捕された。 裁判は3年に渡り続いた。チラデンテスは独立運動の全責任を追わされ、公開処刑が確定、リオデジャネイロで処刑された。

国民的英雄[編集]

チラデンテスの名は19世紀頃からブラジル独立の英雄としてブラジル中に知られるようになった。現在彼が処刑された4月21日はブラジルの祝日に制定されている。

参考文献[編集]

[1]

[2]

  1. ^ Cheney, Glenn Alan, Journey on the Estrada Real: Encounters in the Mountains of Brazil, (Chicago: Academy Chicago, 2004) ISBN 0-89733-530-9
  2. ^ Maxwell, Kenneth R, Conflicts and Conspiracies: Brazil & Portugal 1750-1808 (Cambridge University Press, 1973) ISBN 0-521-20053-9