チョン・ヨンヒョク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif チョン・ヨンヒョク
Yong Hyok JONG
Figure skating pictogram.svg
基本情報
代表国: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
生年月日: 1988年1月3日(26歳)
出生地: 平壌
身長: 172cm
パートナー: ソン・ミヒャン
元パートナー: ジャン・キョンオク
ピョ・ヨンミョン
コーチ: Hyok Kim
振付師: O Ae Ryon
所属クラブ: Pyongchol Club
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 119.01 2009 ネーベルホルン杯
ショートプログラム: 39.57 2005 シェーファー記念
フリースケーティング: 79.83 2009 ネーベルホルン杯

チョン・ヨンヒョクラテン翻字: Jong Yong Hyok1988年1月3日 - )は北朝鮮出身の男性フィギュアスケート選手。2006年トリノオリンピック北朝鮮代表。パートナーは、ソン・ミヒャンピョ・ヨンミョン、チャン・キョンオク。

経歴[編集]

2000年にジャン・キョンオクと共に出場した北朝鮮選手権で4位に入賞。その後、ソン・ミヒャンとペアを組み、2003年の北朝鮮選手権では優勝を果たす。

2006年の北朝鮮選手権でも優勝し、当初はソン・ミヒャンとトリノオリンピックに出場する予定であったが、ソン・ミヒャンとの演技が時代に合っていないことを理由に、ピョ・ヨンミョンと出場することになった。なお、北朝鮮のペア選手がオリンピックに出場するのは、1992年のアルベールビルオリンピックに出場したコ・オクラン/キム・グヮンホ組以来、2組目のことである。しかし、ショートプログラム終了後の練習で、ヨンミョンがジャンプの転倒により壁に激突し病院に運ばれた。その為、フリープログラムは棄権に終わる。

2009年、バンクーバーオリンピック最終予選となったネーベルホルン杯にはソン・ミヒャンとのペアで出場したがオリンピック出場は叶わなかった。

主な戦績[編集]

2005-2006シーズン以降[編集]

大会/年 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10
冬季オリンピック 棄権
北朝鮮選手権 1 1 1 1
ネーベルホルン杯 11
シェーファー記念 8
アジアフィギュア杯 1

2004-2005シーズンまで[編集]

  • 2000-2001シーズンはチャン・キョンオクとのペア
  • 2002-2003シーズンはパク・ミヒャンとのペア
  • 2003-2004シーズン以降はソン・ミヒャンとのペア
大会/年 2000-01 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05
北朝鮮選手権 4 3 1 1
JGPハルビン 8

詳細[編集]

開催日 大会名 SP FP 結果
2009年9月24日-25日 ネーベルホルン杯[1](オーベルストドルフ 13
39.18
11
79.83
12
119.01
2008年12月21日-23日 アジアフィギュア杯香港 1
40.3
1
78.97
1
119.27
2006年2月10日-26日 トリノオリンピックトリノ 20
33.63
- 棄権
2005年10月12日-16日 カールシェーファーメモリアルウィーン 7
39.57
9
73.91
8
113.48
2004年9月16日-19日 ISUジュニアグランプリ ハルビンハルビン 7
38.66
8
63.42
8
102.08

脚注[編集]

  1. ^ バンクーバーオリンピック最終予選。国際スケート連盟主催。

外部リンク[編集]