チョン・ダビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チョン・ダビン
鄭多彬
本名 チョン・ヘソン
鄭慧善
生年月日 1980年3月4日
没年月日 2007年2月10日(満26歳没)
出生地 韓国の旗 韓国ソウル
ジャンル 女優
活動期間 2000年 - 2007年
チョン・ダビン
各種表記
ハングル 정다빈
漢字 鄭多彬
発音: チョン・ダビン
ローマ字 Jung Dabin
テンプレートを表示

チョン・ダビン(鄭 多彬、1980年3月4日 - 2007年2月10日)は大韓民国女優。ANAフィルムエンターテイメント所属。2000年の映画『燃ゆる月』でチェ・ジンシルの少女時代を演じてデビュー。

人物[編集]

2004年、東国大学校演劇科随時試験に合格し、同大に入学。

2007年2月10日午前、ソウル江南区三成洞の男性の友人宅で首をつり、死亡しており、警察は自殺の可能性が高いと見ている。まだ26歳の若さだった。所属事務所との契約を廻るトラブルや仕事の減少などで悩んでいたとされる。なお、その前日の彼女自身のウェブサイトの日記には、「神が私を迎えに来た」などと書かれていた。

その突然の死は韓国芸能界に強い衝撃を与え、彼女の葬儀には『屋根部屋のネコ』で共演したキム・レウォンイ・ヒョヌ、映画『あいつは格好よかった』で共演したソン・スンホン等多くの芸能人が弔問に訪れた。

出演作品[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

  • 燃ゆる月(2000年)
  • あいつは格好良かった(2003年)

外部リンク[編集]