チョコレートコスモス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チョコレートコスモス
Cosmos-atrosanguineus.jpg
チョコレートコスモス
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: コスモス属 Cosmos
: チョコレートコスモス
C. atrosanguineus
学名
Cosmos atrosanguineus
(Hook) Voss.
和名
チョコレートコスモス
英名
Chocolate Cosmos

チョコレートコスモス学名Cosmos atrosanguineus)は、キク科コスモス属の多年草。

高さは40 - 50cmになる。8月から10月にかけて黒紫色の一重咲きの花を付け、チョコレートのような香りがするのが特徴。

原産地はメキシコ1902年から栽培が始まり、日本には大正時代に渡来した。

浜名湖花博で取り上げられるなど、近年になって栽培が広まりつつあるが、半耐寒性があるとはいえ日本の寒さには弱い。

近年になって、キバナコスモスとの交配種「ストロベリーチョコレート」が開発された。

外部リンク[編集]