チョウ作謙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「刁作謙」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
刁作謙
Diao Zuoqian2.jpg
Who's Who in China 3rd ed. (1925)
プロフィール
出生: 1880年光緒6年)
死去: 1974年
出身地: 清の旗 広東省嘉応州興寧県
職業: 外交官・ジャーナリスト
各種表記
繁体字 刁作謙
簡体字 刁作谦
拼音 Diāo Zuòqiān
和名表記: ちょう さくけん
発音転記: ディアオ ズオチェン
ラテン字 Tiao Tso-ch'ien
英語名 Dr. Philip K. C. Tyau
テンプレートを表示

刁 作謙(ちょう さくけん)は、中華民国の外交官・ジャーナリスト。成章。弟に外交官僚、学者の刁敏謙

事績[編集]

10歳の時に、父に従いホノルルに移る。中学卒業後に帰国し、上海の私立聖ヨハネ学院で学んだ。同大学を卒業後、イギリスに留学してケンブリッジ大学で学び、文学士、法学博士の学位を取得、同国で弁護士となる。1908年、文学修士の学位も取得して中国留学生監督秘書となり、翌年には監督となった。

1910年宣統2年)に帰国し、留学生試験を受けて進士翰林院編輯となる。辛亥革命勃発前後には、『北京日報』英語版の主筆を務めた。1912年民国元年)、北京政府で外交部秘書、大総統秘書を務め、後に駐英公使館参賛となる。1914年(民国3年)、ロンドン総領事事務を兼任した。

1916年(民国5年)に帰国して外交部幇弁秘書となり、翌年には国務院秘書幇弁を兼任した。以後、外交部で各職を歴任し、外交部情報局局長代理にまで昇進した。1920年(民国9年)2月、公立北京清華学校監督に任ぜられ、9月には外交部参事兼和約討論会秘書長となっている。

1921年(民国10年)8月、駐キューバ公使に任ぜられ、10月、ワシントン会議中国代表団秘書長を兼任した。翌年1月、駐パナマ特命全権公使も兼任する。1926年(民国15年)に帰国し、その翌年に安国軍外交討論委員会委員、天津イギリス租界回収委員会委員、外交部条約修訂委員会委員を務めた。

国民政府においても、北京税務学校教授、外交部条約委員会顧問を務めた。1929年(民国18年)から1931年(民国20年)まで北平新聞社社長となっている。1933年(民国22年)、外交部簡任秘書となり、同年9月、シンガポール総領事署理として派遣された。1935年10月、正式に総領事(公使待遇)に昇進し、マレー半島の各領事館を監督・指揮している。翌1936年(民国25年)に召還されて外交部両広特派員となり、1943年(民国32年)7月まで務めた。1974年、死去。享年95。スポーツを愛好し、テニス・サッカー・ゴルフの名手であったという[1]

[編集]

  1. ^ 『最新支那要人伝』116頁。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉国銘主編 『中国国民党百年人物全書』 団結出版社、2005年ISBN 7-80214-039-0
  • 東亜問題調査会 『最新支那要人伝』 朝日新聞社1941年