チューン・ヤーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チューン・ヤーズ
tUnE-yArDs
}
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州オークランド
ジャンル インディー・ポップ
Lo-Fi
R&B
エクスペリメンタル・ポップ
Wonky Pop
アフロビート
活動期間 2006年 - 現在
レーベル 4AD
Marriage Records
共同作業者 Sister Suvi
Beep
公式サイト tune-yards.com
メンバー
メリル・ガーバス
Nate Brenner

チューン・ヤーズ (tUnE-yArDs) は、アメリカの女性ミュージシャン メリル・ガーバス (Merrill Garbus) による音楽プロジェクト、バンドカリフォルニア州オークランドを拠点に活動している。ループマシンを駆使したローファイでオーガニックな演奏と、メリルの独特な歌による実験的なサウンドが特徴。

来歴[編集]

メリル・ガーバスは1979年ニュー・ジャージーに生まれ、コネチカットで育つ。学生時代にはケニアに留学、その後人形劇ベビーシッターを経験したが、仕事を辞めてモントリオールに移り住み音楽を始める[1]

2009年、1stアルバム『バード・ブレインズ』を自主製作、ダーティー・プロジェクターズを輩出したMarriage Recordsからアナログとカセット盤で発売した。それを聴いた4ADがすぐに契約し1000枚限定のCD盤として再発売された。海外音楽メディアはダーティー・プロジェクターズM.I.A.ビョークオノ・ヨーコ等と比較し大絶賛[2]

2011年、2ndアルバム『フー・キル』をリリース。この年ピッチフォークは年間ベストリストでこのアルバムを7位に、収録曲「Bizness」を13位に選んだ[3]

メンバー[編集]

  • メリル・ガーバス / Merrill Garbus
  • Nate Brenner

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム

  • バード・ブレインズ / Bird-Brains (2009年)
  • フー・キル / Whokill (2011年)

EP

脚注[編集]

  1. ^ INTERVIEW tUnE-yArDs, Monchicon!”. 2012年6月18日閲覧。
  2. ^ tUnE-yArDs / BARKS アーティスト”. 2012年6月18日閲覧。
  3. ^ Pitchfork's Top 50 Albums of 2011”. 2012年6月18日閲覧。

外部リンク[編集]

公式サイト