チューリッヒ聖書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チューリッヒ聖書(-せいしょ。英語:Froschauer Bible、ドイツ語:de:)は聖書翻訳のひとつであり、フルドリッヒ・ツヴィングリによるものである。

概説[編集]

ツヴィングリの翻訳は「Prophezey」を発端としている。これはドイツチューリッヒの聖職者をすべて集め、土日を除いて毎日行われていた聖書解釈のための研修会で扱われる資料書のことである。

翻訳作業はツヴィングリと彼の友人であるLeo Jud、そして聖ペテロ教区の牧師が中心となって行われ、マルティン・ルターの「ルター聖書」より先に完成された。その結果、ルターの翻訳作業を助け、促進させることへと繋がった。新約聖書1525年から1529年にはChristoph Froschauerの印刷所に納められたが、旧約聖書はツヴィングリの編纂による概要を盛り込むことによって1531年、初版印刷に到った。このチューリッヒ聖書は200を越える秀逸な内容を含んでいたため、今でいうところのベストセラーとなる。

その後、旧約聖書1540年に、新約聖書1574年に翻訳の修正が行われ、1589年に章節の番号付けが加えられた。

関連項目[編集]