チューリッヒ・エルリコン駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チューリッヒ・エルリコン
Zürich - Oerlikon - Bahnhof IMG 3941 ShiftN.jpg
チューリッヒ・エルリコン(2009年8月撮影)
基本情報
住所 Hofwiesenstrasse 369, 8050 Zürich
座標 北緯47度24分46秒 東経8度32分42秒 / 北緯47.41278度 東経8.54500度 / 47.41278; 8.54500
階数 1
ホーム数 6
線路数 6
詳細情報
開業 1855年
改築 1912年
所有 SBB-CFF-FFS
利用状況
乗客数 () 11万人/日[1]

チューリッヒ・エルリコン駅 (Zürich Oerlikon) は、スイスチューリッヒエルリコンにある鉄道駅である。駅は、チューリッヒ・Sバーン・ネットワークとスイスの鉄道網の両方が乗り入れる、重要な乗換駅となっている。鉄道は、Sバーンの7線が乗り入れ、地域外からの列車も発着する。市外からの電車や貨物列車は、駅を止まらず通過する。

位置[編集]

エルリコン駅は、チューリッヒ郊外、エルリコンの中心にあるハレンシュタディオンや「メッセ・チューリッヒ」に近く、周辺には、重要な商業施設がまだ残っている。

この駅は、重要で発着数の多い駅の1つである。駅には、チューリッヒ・SバーンのS2S5S6S7S8S14及びS16が乗り入れており、チューリッヒ国際空港バーゼルSBB駅ルツェルン、スイス西部を結ぶインターレギオの路線上でも主要な駅となっている。特に、チューリッヒ中央駅からの便は頻繁に発着しており、所要時間は数分ほどである。

チューリッヒ・トラムウェイ・システムグラッタルバーンの両方は、鉄道駅に隣接する電停から発着している。また、チューリッヒ市交通局グラッタルバスは、エルリコンとチューリッヒ空港との間の、チューリッヒ市郊外、グラット・バレーを結んでいる。

歴史[編集]

1855年12月27日、エルリコン - ヴァリゼレン - ヴィンタートゥールを結ぶ路線が、スイス北東鉄道(NOB)によって開通した。このとき、木製の駅がA. BeckhとJakob Friedrich Wannerによって設計された。その後、1865年に石造りの駅舎と入れ替えられ、今日存在するのは、1912年に建設されたものである。1969年6月、ケーファーベルグに鉄道トンネルが掘られ、1979年10月にエルリコン - 空港 - バッサースドルフを結ぶ路線が開業した。駅の建物やバスターミナル、2本の線路は、2010年半ばから改修されている[2]。新しいトンネルでチューリッヒ中央駅と接続する都心貫通線は、2013年開業の予定である[3]

画像[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、エルリコン駅に関するカテゴリがあります。