チューバフォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チューバフォン: Tubaphone)は金属製のパイプを音階にした鉄琴の一種である。アメリカミュージシャンであるジョン・ディーガン(J. C. Deagan)によって1889年に発明された。

ハチャトゥリアンバレエ音楽ガイーヌ1942年版の『バラの乙女の踊り』で使用されている(1957年の改訂版ではシロフォンに変更)。

素材は真鍮管や管にメッキをしたもので、現在はどこも制作していない。

Deaganには卓上モデルと脚フレームモデルで2〜3オクターブの全12モデルが存在した。

グロッケンシュピールと比較して音色が柔らかいが、打面が円筒形のために滑りやすく、演奏が難しい。