チュルボメカ パラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チュルボメカ パラスTurbomeca Palas)は小型機に使用された小型の遠心圧縮式ターボジェットエンジンである。1950年にフランスのチュルボメカで設計され、英国のブラックバーン・エアクラフトと米国のコンチネンタル・モータースでライセンス生産された。

搭載機[編集]

チュルボメカ パラスのカットアウェイ

パラスはショート シェルパフーガ マジステールマイルズ ジェットスパローSIPA S-200カプロニ トレント F.5といった、多くのモーターグライダーよりも小型のジェット機に使用された。

仕様[編集]

一般的特性

  • 形式: ターボジェット
  • 全長: 1.2 m (47.25 in)
  • 直径: 405 mm (16 in)
  • 乾燥重量: 72 kg (159 lb)

構成要素

  • 圧縮機: 単段遠心式
  • 燃焼器: アンニュラー型、回転燃料噴射
  • タービン: 単段式、24または25枚のブレード
  • 使用燃料: Jet A1

性能


外部リンク[編集]