チュニジアの夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チュニジアの夜 (A Night in Tunisia) は、1942年トランペット奏者のディジー・ガレスピーが、ピアニストフランク・パパレリ (Frank Paparelli) との共作で作曲した楽曲。後に歌詞を付けられて歌曲にもなった。

解説[編集]

1940年代ビバップ期以来、モダン・ジャズスタンダード・ナンバーの一つとなっており、「マンテカ (Manteca)」などと共にガレスピーの代表的な作品の一つに数えられる。

アフロ4ビートのリズムの組み合わせによる独特のエキゾチックな雰囲気を持つテーマと、最後のカデンツァ部が聴くものに強烈な印象を与える。メロディが華やかでソロ演奏をとっての聴かせ所も多く、知名度も高い曲であるため、スモールコンボ、ビッグバンドのいずれでもステージのオープニングやクライマックスには好んで使われる。

元々はガレスピーがアール・ハインズ楽団に所属していた時期、コンボグループ向けに作曲されたものであるが、作曲時期がちょうどアメリカのミュージシャン・ユニオンによるレコード録音長期ストライキの時期に当たっていたことから資料に乏しく、最初の発表時期やレコード録音時期は正確にはわかっていない。作曲年については「1943年」「1944年」とする資料も多く見られる。

1940年代中期にガレスピーらによる新しいスタイルの「ビバップ」ジャズが広まると、ユニークな曲調が好まれてミュージシャンたちの間で盛んに演奏されるようになり、1950年代ハード・バップ時代までにはすでにジャズ・スタンダードとして完全に定着していた。

ガレスピー自身の率いたビッグバンドでも演奏され、ガレスピーの十八番ともいうべき曲になった。チャーリー・パーカーが1946年にダイアル・レーベルで録音したバージョンは、ミステイクの演奏における超絶技巧のソロ部分があまりの秀逸さのために抜き出され「フェイマス・アルト・ブレイク」と称して発表されている。その他、アート・ブレイキーと彼のジャズ・メッセンジャーズによる豪快な演奏も著名である。

歌曲としては、作曲からほどなく「インタールード」(Interlude間奏曲の意味)の題名で、レイモンド・リヴィーン (Raymond Leveen) (1930年代後半から40年代にかけ作詞活動を行っていた人物の模様だが詳細不明)によって「チュニジア」とは全く無関係な歌詞が付けられ、サラ・ヴォーンによって歌われた。後年には1958年のアニタ・オデイ盤もある。1940年代にはこの曲名でも広く知られていたようで、1946年キーノート盤録音のレニー・トリスターノのバージョンはインストゥルメンタルだが「インタールード」と題している。

のちに歌手でもあるジョン・ヘンドリックス (Jon Hendricks) によって「チュニジアの夜」という原題に沿った内容の歌詞が作られた。現在ではこちらのバージョンの方で歌われることが多い。

チャカ・カーン1981年に「永遠のメロディー」(And The Melody Still Lingers On (A Night in Tunisia))としてリメイクした。詞はカーン本人によるもので、録音にガレスピー自身も参加した。後に日本の歌手hiroのジャズプロジェクトCoco d'Orがこのバージョンをカバーしている。歌詞は他にも女性ブルース歌手のジョアン・カートライト(Joan Cartwright)によるものがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]