チュウテンカク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チュウテンカク
Euphorbia ingens (habitus).jpg
分類APG III
: 植物界
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
: キントラノオ目 Malpigiales
階級なし : バラ類 Rosids
: トウダイグサ科 Euphorbiaceae
: トウダイグサ属 Euphorbia
: チュウテンカク E. ingens
学名
Euphorbia ingens
E.Mey. ex Boiss.
シノニム

Euphorbia candelabrum[1]

和名
沖天閣(チュウテンカク)
英名
Naboom, Candelabra Tree

Euphorbia ingensは、トウダイグサ科トウダイグサ属植物の一種。園芸名はチュウテンカク(沖天閣)。アフリカ南部の乾燥地帯原産である。乳液は極めて有毒で危険な刺激性物質であり、矢毒として使用されていた[2]

種小名のingensラテン語で「巨大な・大きな」を意味する。

脚注[編集]

  1. ^ Philippe Faucon. “Plants Belonging to the Genus 'Euphorbia'”. 2012年5月14日閲覧。
  2. ^ Hecker, E. (1977). “New toxic, irritant and cocarcinogenic diterpene esters from Euphorbiaceae and from Thymelaeaceae”. Pure Appl. Chem. 49 (9): 1423-1431. doi:10.1351/pac197749091423. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]