チャールズ・W・ナッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チャールズ・W・ナッシュ(Charles W. Nash、1864年1月28日 - 1948年6月6日)はアメリカ合衆国の自動車企業家。

ナッシュは、イリノイ州ディカーブ(DeKalb)の農家の子として生まれた。貧しい農場労働者から乾草圧縮梱包機(ヘイベーラ)を製造する会社のオーナーになった。その後、ミシガン州フリントに出て、1890年にはデュラント=ドート・キャリッジ・ワークスで工場の監督になった。ナッシュは1897年初期の自動車の一台を運転する機会がありこの装置は売れるかもしれないと興味をもっていた。

デュラントビュイックの経営を託され、ドートに馬車メーカー経営を任せたとき、ナッシュはデュラントと共にビュイック経営を手伝うようになった。デュラントがゼネラルモーターズ(GM)を創業した1908年には、GMの一傘下企業となったビュイックでデュラントの後任として社長、総支配人となった。

経営危機に陥ったGMが銀行からデュラントは経営にタッチしないようにとされた1910年代前半にはGM5代目の社長となった。1915年にデュラントがシボレー傘下にGMを組み入れGM経営に復帰した。デュラントはナッシュを引き止めナッシュもまたデュラントを高く評価していたが、ナッシュは自分の道を歩むことにしGMを去った。

ナッシュは、トマス・B・ジェフリーが息子チャールズと1897年に創業しウィスコンシン州ケノーシャで操業していたジェフリー・モーター・カンパニーを1916年8月に購入し、1917年にはナッシュ・モーターズと社名を変えて自分の会社とした。ジェフリー社では自転車時代から有名なランブラーブランド、および「ジェフリー」というブランドを販売していた。ナッシュモーターズではミドルクラス向けの乗用車を販売し成功した。

ナッシュは、ナッシュ・モーターズの他に、ラファイエット・モーターズの社長も兼ねていた。ナッシュはラファイエット・モーターズを1924年にナッシュモーターズに吸収している。

1930年代となりナッシュは自身の後任を探した。ホーム・アプライアンス・メーカーのケルビネーター社を経営していたジョージ・W・メイソン(George W. Mason )が適任と見込んだ。ケルビネーターの経営を引き続きおこないたいとするメイソンの考えを尊重し、ナッシュは、ケルビネーターを1937年1月4日に買収し、ナッシュ=ケルビネーター・コーポレーションとした。

チャールズ・W・ナッシュは1936年にリタイアし、12年後にカリフォルニアのビバリーヒルズで84歳で亡くなった。カリフォルニア州グレンデールのフォレストローン・メモリアルパーク墓地(Forest Lawn Memorial Park Cemetery)に埋葬されている。

年表[編集]

外部リンク[編集]

先代:
Thomas Neal
ゼネラルモーターズ
社長 (President)
第5代: 1912 – 1916
次代:
ウィリアム・C・デュラント