チャールズ・M・シュルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャールズ・モンロー・シュルツ
Charles Monroe Schulz
Charles Schulz NYWTS.jpg
1956年撮影
生誕 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス
1922年11月26日
死没 2000年2月12日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタローザ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 漫画家
活動期間 1947年 - 1999年
代表作 ピーナッツ
受賞 リューベン賞
公式サイト Schulz's home page
テンプレートを表示

チャールズ・モンロー・シュルツCharles Monroe Schulz, 1922年11月26日 - 2000年2月12日)は、代表作である『ピーナッツ』により知られるアメリカ合衆国漫画家である。

生涯[編集]

貧しいドイツ系移民理髪師だった父カールと、ノルウェー系の移民だった母ディナの一人息子としてミネソタ州ミネアポリスに生まれ、セントポールで育った。生後2日後に叔父から、当時の人気漫画『バーニーグーグル』に登場する馬の「スパークプラグ」にちなんで「スパーキー」という渾名をつけられる。これは後に彼の初期のペンネームとして使われている。自分の理髪店を開店したカールは新聞の漫画に夢中で、これがシュルツに大きな影響を与えた。

小さい頃からの才能に恵まれ、幼稚園の最初の日にシュルツの絵を見た先生から「あなたは画家になるかもしれないわ」と言われたことが彼の心に大きく響いたという。

内気な性格だったが勉強は良くできて、小学校時代に2学年飛び級している。本人のインタビューによれば、この頃に年上で体格も大きいクラスメイトに仲間はずれにされた経験が、将来のチャーリー・ブラウンの”誕生”に繋がったという。また彼はスポーツも大好きで、漫画家という夢の他に世界的に有名なアマチュアゴルファーになりたいという夢も持っていた。

13歳の時に飼った雑種の「スパイク」は、ある程度人間の言葉を理解しているとしか思えないような行動をとったり、かみそりを食べてしまうという変な犬で、後にスヌーピーの原型になった(「スパイク」という名はスヌーピーの兄弟の名として使われている)。この犬を描いた絵が新聞に掲載され、これが初めて印刷された彼の漫画となった。

高校三年生の時に「アート・インストラクション・スクール」という通信制の学校に入学する。カールは理髪店の経営に苦しみながらもシュルツのために学費を払い続けていた。

高校卒業後、雑誌へ漫画を投稿し続けるがうまくいかず、さらに1943年2月に母ディナがで亡くなり、シュルツは失意のままに入隊する。その頃から内気だった彼に負けず嫌いな性格が芽生え始める。その2年後に第二次世界大戦で戦うためヨーロッパへ出兵している(直接戦闘に参加することはなかった)。そこでの孤独な経験は後の作品に影響を与えている。1945年に軍を去った後はアート・インストラクション・スクールに就職。そこでの同僚だったチャーリー・ブラウンの名は後に『ピーナッツ』の主人公の名として使われることになる。

学校で働きながら積極的に投稿を続けた結果、1947年に作者の地元の新聞に、『ピーナッツ』の原型となった『リル・フォークス』が掲載された。そして漫画配給大手のユナイテッド・フィーチャー・シンジケーツ(現ユナイテッド・メディア)への投稿がきっかけで、1950年10月2日から『ピーナッツ』の連載が全米8紙で始まることとなった。

『ピーナッツ』は子どものダメ、できない、困ったという心の悩み、葛藤をどう乗り越えるかを一貫したテーマとし、それは登場人物が頻繁に発する「Good grief」(やれやれ、困った、お手上げだよ)という台詞にも現れている。はじめはシュルツはこのタイトルが不満だったという。というのも、当初シュルツはタイトルを『Good Ol' Charlie Brown』もしくは『Charlie Brown』というものにしたかったようだが、エージェントであるユナイテッド・フィーチャー社によって勝手にタイトルを『ピーナッツ』にされたからである。

そのころ彼は同僚のドナ・メイ・ジョンソンに生まれて初めて恋心というものを抱くが、お互いの家の宗教の違いから周囲の反対を受け、最終的には失恋と言う形に。彼女の面影は『ピーナッツ』の中で主人公チャーリー・ブラウンが恋心を抱く「赤毛の女の子」の原型となる。失恋の痛みの中、彼は同僚の妹だったジョイス・ハルバーソンと親しくなり、1951年4月に結婚した。このころ父親のカールも再婚している。

『ピーナッツ』の人気は次第に高まり、コダック社フォード社がこのキャラクターを使用するまでになった。『ピーナッツ』はテレビアニメ化されエミー賞ピーボディ賞を受賞。更にシュルツは、アメリカの漫画家にとって最高の栄誉であるリューベン賞を受賞した。

そんな中で、彼を支え続けてきた父のカールが1966年に死去。悲しみに暮れるも、1967年にはミュージカル『きみはいい人 チャーリー・ブラウン』が上演され、タイム誌ライフ誌の表紙を『ピーナッツ』のキャラクターが飾り、さらには1968年にスヌーピーがアメリカ航空宇宙局の有人飛行計画のマスコットとなり、1969年スヌーピー(のぬいぐるみ)はアポロ10号に乗って月に向かって飛び立ち(このとき指令船と月着陸船の名前に採用されたのは「チャーリー・ブラウン」と「スヌーピー」だった)、『ピーナッツ』の人気はますます高まっていった。

1972年にジョイスと性格の不一致が原因となり離婚。翌1973年、ジーニー・フォーサイスと再婚する。

1980年、アーティストのトム・エバハートと意気投合。トムは唯一の『ピーナッツ』のファインアーティストとして認められる。

1981年心臓に異変を感じたシュルツは心臓のバイパス手術を受けることになった。手術は無事に成功し、看護師に頼まれて病院のにスヌーピーの絵を描いて退院した。

1984年には『ピーナッツ』の掲載紙は2000誌に到達しギネスブックに認定された。1986年には漫画家の殿堂入りを果たし、1990年にはフランスの芸術勲章を受章、またイタリア文化大臣から功労賞が贈られる。ルーヴル美術館などでは『ピーナッツ』の展覧会が開かれ、1996年にはハリウッドウォーク・オブ・フェイムにも彼の名が登録された。

1999年12月結腸を宣告されていた彼は引退を宣言。そして2000年2月12日にこの世を去った。77歳だった。その翌日、『ピーナッツ』日曜版の最終回が掲載された。

30年以上に渡って在住したカリフォルニア州サンタローザには、シュルツの名前を冠した「チャールズ・M・シュルツ・ソノマ・カウンティ空港」(Charles M. Schulz - Sonoma County Airport)がある。

死去後の2000年6月には、アメリカ合衆国議会から、民間人に授与する最高位の勲章である議会金章が贈られた[1]

作品リスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]

外部リンク[編集]