チャールズ・H・ボーンスティール3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャールズ・H・ボーンスティール3世
1909年9月26日 - 1977年10月13日
チャールズ・H・ボーンスティール3世
渾名 ティック
生誕 ニューヨーク州ニューヨーク市
死没 ヴァージニア州アレクサンドリア
軍歴 1931年-1969年
最終階級 US-O10 insignia.svg 陸軍大将
テンプレートを表示

チャールズ・ハートウェル・ボーンスティール3世(Charles Hartwell Bonesteel III、1909年9月26日1977年10月13日)は、アメリカ合衆国の軍人。第二次世界大戦朝鮮戦争の間にアメリカ陸軍に奉職。朝鮮半島の非武装地帯における紛争(1966-1969)の際には、在韓米軍指揮官を務めた。最終階級は陸軍大将。父や祖父も米陸軍の将校であった。

生い立ち[編集]

ボーンスティールは、1909年9月26日にニューヨーク市にて出生した。チャールズ・ハートウェル・ボーンスティール・ジュニア(米国陸軍に奉職。最終階級は少将)の息子である。10代の頃、イーグル・スカウトであった。のちに、米国ボーイ・スカウトからイーグル・スカウト優秀賞を授与された[1]オックスフォード大学におけるローズ奨学生でもあった。

軍歴[編集]

陸軍士官学校を1931年に卒業したボーンスティールは、「ティック (Tick)」という、生涯にわたる愛称を付けられた。第二次世界大戦中、米国と欧州に赴任し、いくつかの幹部職を務めた。1945年にはポツダム宣言の草案作成に携わっている。またボーンスティール、ジョージ・A・リンカン将軍、及びペンタゴンの戦略政策委員会のディーン・ラスク大佐は、米軍、ソ連軍、及び中国軍の責任の範囲を定めるべく、一般命令第1号英語版を起草する任務を負った。既にソ連軍が満州経由で朝鮮北部に移動しつつあった1945年8月10日、ボーンスティールとラスクは朝鮮半島を38度線で分割する提案をした。一般命令の草案は8月15日にソ連に打電され、後日ソ連に承認された[2]

戦後期には、国務長官特別補佐官を務めた。1958年11月、ヴェトナム共和国南ヴェトナム)のサイゴン市を公的な立場で訪問した。また、第24歩兵師団の司令官(1961–1962)と第7軍団の司令官(1962–1963)を務めた。

1966年から1969年にかけて、在韓米軍司令官(のち米韓連合司令部総司令官、第8軍司令官)を務めた。この間、朝鮮半島の非武装地帯における紛争(1966年-1969年)における北朝鮮の侵攻を防ぎ、プエブロ号事件による緊張に対処した。

網膜剥離により眼帯を付けるボーンスティール将軍[3]

1969年に退役。陸軍在籍中に、殊勲章英語版を2度、勲功章を2度授与された。

その後[編集]

1977年10月13日に死去。アーリントン国立墓地内の、父と祖父の近くに埋葬された。

脚注[編集]

  1. ^ Distinguished Eagle Scouts”. Scouting.org. 2010年11月4日閲覧。
  2. ^ Chong-sik Lee (1985年12月) Why did Stalin accept the 38th Parallel?. Asia International Quarterly.
  3. ^ Dane Publishing Company, Scenes from an Unfinished War: Low Intensity Conflict in Korea 1966-1969, 1991, page 10

外部リンク[編集]