チャールズ・ラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CharlesLamb 01.jpg

チャールズ・ラムCharles Lamb1775年2月10日 - 1834年12月27日)は、イギリス作家エッセイストである。特にエッセイにおいては、規範となる名文章家であると文学史では定説になっている。

生涯[編集]

父はインナー・テンプル法学院の幹部サミュエル・ソールト (Samuel Salt) の秘書であった。 ラムはロンドンに生まれる。1782年から1789年までクライスト・ホスピタル校に在学し、この時に詩人のサミュエル・テイラー・コールリッジと親交を結ぶ。その後、南海会社に入り、短期間で東インド会社に転じて30年以上も勤め、恩給をもらって退職した。1796年、姉メアリーが一時的な発狂の結果、ナイフで母親を刺殺した。ラムは結婚を断念し、精神疾患のため不定期に発作に見舞われる姉の面倒を見続ける。

副業として始めた文筆業では、実姉メアリー・ラムとの共著である『シェイクスピア物語』(Tales from Shakespeare 1807年)、「エリア」の筆名による随筆『エリア随筆(エリアのエッセイ)』(Essays of Elia 1823年/The Last Essays of Elia 1833年。平田禿木訳、国民文庫 1927年、新潮文庫 1952年。戸川秋骨訳、岩波文庫 1940年。船木裕訳、平凡社ライブラリー 1994年))で知られる。

ラムの好み、教養[編集]

同時代の批評家ヘイズリットは、ラムの作品の特徴を挙げて

  1. 「時代の精神」に順応せず、逆行する。
  2. 虚栄や自己主張に無縁で、控えめで繊細であること。
  3. 隠れたもの、遠いもの、それ自身の内在的な、沈黙した価値に立つものを好む。
  4. 新しい顔、書物、建物、慣習を厭う。

と述べた。さらにラムの書物の趣味については、トバイアス・スモレットフィールディングに通じ、ジューニアスエドワード・ギボンはあまり読んでいないがロバート・バートンの『憂鬱症の解剖』やトマス・ブラウントマス・フラーの『偉人伝』やジョン・バニヤンの『聖戦』といった特殊な古典を好んで読み、シェークスピアミルトンを崇拝している、とヘイズリットは言う。ドイツやフランスの文学や経済学にはあまり関心がなく、論争的神学については書物の受け売りですませている、とも評されている[1]

ラムは絵画や版画の良い鑑賞者であり、特にホウガースレオナルド・ダ・ヴィンチには感服していた。

脚注[編集]

  1. ^ W・ヘイズリット 『時代の精神』 講談社学術文庫、1996年、P.400-410。

参考文献[編集]

  • W・ヘイズリット『時代の精神 近代イギリス超人物批評』(1996年、講談社学術文庫)