チャールズ・ヤノフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チャールズ・ヤノフスキー(Charles Yanofsky、1925年4月17日 - )は、アメリカ合衆国遺伝学者である。

ヤノフスキーはニューヨークで生まれ、ニューヨーク市立大学シティカレッジ及びイェール大学で学んだ。

1964年、ヤノフスキーらは、遺伝子配列タンパク質アミノ酸配列は対応しているおり、遺伝子配列を変えると対応した箇所のタンパク質のアミノ酸が変化することを発見した。彼の研究は、細菌、動物細胞中のリボ核酸が構造変化することによって制御分子となる仕組みを明らかにした。

ヤノフスキーは、1976年にシーモア・ベンザーとともにコロンビア大学よりルイザ・グロス・ホロウィッツ賞を共同受賞した。また、1985年には王立協会の外国人会員となり、2003年にアメリカ国家科学賞を受賞した。

現在は、スタンフォード大学生物学分子生物学を指導している。

論文[編集]

  • Yanofsky, Charles (2007), “RNA-based regulation of genes of tryptophan synthesis and degradation, in bacteria.”, RNA 13 (8): 1141?54, 2007 Aug, doi:10.1261/rna.620507, PMID 17601995 
  • Yanofsky, Charles (2005), “The favorable features of tryptophan synthase for proving Beadle and Tatum's one gene-one enzyme hypothesis.”, Genetics 169 (2): 511?6, 2005 Feb, PMID 15731515 
  • Yanofsky, Charles (2004), “The different roles of tryptophan transfer RNA in regulating trp operon expression in E. coli versus B. subtilis.”, Trends Genet. 20 (8): 367?74, 2004 Aug, doi:10.1016/j.tig.2004.06.007, PMID 15262409 
  • Yanofsky, C (2000), “Transcription attenuation: once viewed as a novel regulatory strategy.”, J. Bacteriol. 182 (1): 1?8, 2000 Jan, doi:10.1128/JB.182.1.1-8.2000, PMID 10613855 
  • Yanofsky, C; Konan, K V; Sarsero, J P (1996), “Some novel transcription attenuation mechanisms used by bacteria.”, Biochimie 78 (11-12): 1017?24, doi:10.1016/S0300-9084(97)86725-9, PMID 9150880 
  • Yanofsky, C (1988), “Transcription attenuation.”, J. Biol. Chem. 263 (2): 609?12, 1988 Jan 15, PMID 3275656 
  • Yanofsky, C; Platt, T; Crawford, I P; Nichols, B P (1981), “The complete nucleotide sequence of the tryptophan operon of Escherichia coli.”, Nucleic Acids Res. 9 (24): 6647?68, 1981 Dec 21, doi:10.1093/nar/9.24.6647, PMID 7038627 
  • Yanofsky, C (1981), “Attenuation in the control of expression of bacterial operons.”, Nature 289 (5800): 751?8, 1981 Feb 26, doi:10.1038/289751a0, PMID 7007895 
  • Yanofsky, C (1971), “Tryptophan biosynthesis in Escherichia coli. Genetic determination of the proteins involved.”, Journal of the American Medical Association 218 (7): 1026?35, 1971 Nov 15, doi:10.1001/jama.218.7.1026, PMID 4940311 
  • Yanofsky, C (1967), “Gene structure and protein structure.”, Harvey Lect. 61: 145?68, PMID 5338072 

外部リンク[編集]