チャールズ・バーリンガム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャールズ・バーリンガムの墓標

チャールズ・フランク・バーリンガム 三世 (Charles Frank Burlingame III、1949年9月12日 - 2001年9月11日)は、アメリカ同時多発テロ事件の際、テロリストによってペンタゴンに突入させられたアメリカン航空77便の機長だった。

来歴[編集]

ミネソタ州セントポール[1]米国空軍の現役軍人の家庭に生まれたバーリンガムは、子供時代にカリフォルニア、英国を含め各地を引越ししながら育った。バーリンガムは、カリフォルニア州のアナハイム高校を卒業した。

その後米国海軍兵学校[2]を1971年に卒業した。海軍では、F-4 ファントムジェット戦闘機を操縦し、大尉(captain)に昇進した。

1979年バーリンガムは海軍を除隊しアメリカン航空に入社したものの海軍予備役に留まった。湾岸戦争時には志願し従軍した。また、予備役期間中ペンタゴンでの職務に従事した[3]。1996年に海軍予備役大佐を除隊した後は、アメリカン航空で働いた[4]。アメリカン航空のフライトアテンダントだったシェリー・バーリンガム(Sheri Burlingame)と結婚した[5]

2001年9月11日の攻撃[編集]

アメリカン航空77便がハイジャックされ針路をペンタゴンに向けた時、バーリンガムは機長であり、デビッド・シャルルボア(David Charlebois)が副操縦士だった[6]。バーリンガムは2001年9月12日に52歳の誕生日を迎えるはずだった。

バーリンガムは、アーリントン国立墓地に埋葬された。彼は60歳未満で死亡した予備役軍人であったため当初は埋葬資格がないとみなされたが、特別に埋葬を許可された。この件は埋葬資格をめぐる議論に火をつけた[7]

彼の娘ウェンディ・バーリンガム(Wendy Burlingame)は、2006年12月にニュージャージー州の自宅アパートで不審な火災により死亡した[8]

脚注[編集]

  1. ^ Nelson, Todd, Phillip Pina (2001年9月12日). “Twin Citians Mourn, Await News of Victims”. Saint Paul Pioneer Press (Minnesota) 
  2. ^ Gottlieb, Sandra (2001年9月12日). “Local doctor's brother piloted ill-fated flight 77”. Lancaster New Era 
  3. ^ King, Larry, Amy S. Rosenberg, Jonathan Gelb (2001年9月13日). “Pilot whose jet hit Pentagon had worked there”. The Philadelphia Inquirer 
  4. ^ The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-srv/metro/specials/attacked/victims/v_150.html 2010年4月28日閲覧。 
  5. ^ Levine, Susan (2001年9月13日). “Flight 77: Hope Replaced by Grief; Among the Dead From Jetliner Are Lawyers and Engineers, Couples and Children”. The Washington Post 
  6. ^ National Commission on Terrorist Attacks Upon the United States (2004). “Chapter 1”. 9/11 Commission Report. Government Printing Office. http://www.9-11commission.gov/report/911Report_Ch1.htm. 
  7. ^ http://www.house.gov/chrissmith/news/press2001/prburial.htm
  8. ^ Feuer, Alan; Schweber, Nate (2006年12月6日). “Daughter of 9/11 Flight Pilot Is Found Dead After a Fire”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2006/12/06/nyregion/06fire.html 2011年11月21日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

チャールズ・フランク・バーリンガム三世、アメリカ合衆国海軍大佐