チャールズ・スペンサー (第6代スペンサー伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
第6代スペンサー伯爵
チャールズ・スペンサー
Charles Spencer
6th Earl Spencer
William Orpen Charles Robert 6th Earl Spencer.jpg
生年月日 1857年10月30日
出生地 イギリスの旗 イギリスロンドン
没年月日 1922年9月26日 (満64歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス、ロンドン
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
所属政党 自由党
称号 第6代スペンサー伯爵ガーター勲章士(KG)、ロイヤル・ヴィクトリア勲章ナイト・グランド・クロス(GCVO)
配偶者 マーガレット

内閣 キャンベル=バナマン内閣
アスキス内閣
任期 1905年 - 1912年

内閣 第4次グラッドストン内閣
ローズベリー伯爵内閣
任期 1892年 - 1895年

イギリスの旗 貴族院議員
任期 1905年12月19日 - 1922年9月26日[1]

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 北ノーザンプトンシャー選挙区英語版
中央ノーザンプトンシャー選挙区英語版
中央ノーザンプトンシャー選挙区[1]
任期 1880年3月31日 - 1885年11月24日
1885年11月24日 - 1895年7月13日
1900年10月1日 - 1906年1月12日[1]
テンプレートを表示

第6代スペンサー伯爵チャールズ・ロバート・スペンサー: Charles Robert Spencer, 6th Earl Spencer, KG, GCVO, PC, VRD1857年10月30日 - 1922年9月26日)はイギリスの政治家、貴族。

1905年オールトラップ子爵(Viscount Althorp)に叙され、さらに1910年には兄よりスペンサー伯爵位を継承した。

経歴[編集]

1857年に第4代スペンサー伯爵フレデリック・スペンサーの次男としてロンドンで誕生[2]。母は後妻であるホレス・シーモア英語版の娘アデレイド[3]第5代スペンサー伯爵ジョンは異母兄にあたる。

ハーロー校を経てケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで学ぶ[2]

1880年から1885年まで北ノーザンプトンシャー選挙区英語版から自由党候補として出馬して当選し、庶民院議員となる。ついで1885年から1895年までと1900年から1905年まで中央ノーザンプトンシャー選挙区英語版選出の庶民院議員を務める[3]

1892年に志願予備軍勲章英語版を受勲し、枢密顧問官(PC)に列する[4]

1892年から1895年の自由党政権下で副宮内長官英語版を務め[5][6]、また自由党が政権奪還した1905年から1912年まで宮内長官英語版を務めた[7][8]。この地位に就任するために同年新たに連合王国貴族の爵位としてのオールトラップ子爵に叙せられ、貴族院議員に列する[9]。1908年にノーザンプトンシャー総督英語版に就任[10]

1910年8月13日に兄の死によりスペンサー伯爵位を継承する[3]。1911年にロイヤル・ヴィクトリア勲章ナイト・グランド・クロス(GCVO)[11]、1913年にガーター勲章(KG)を受勲した[12]。他にデンマーク王国のダンネブロ勲章デンマーク語版プロイセン王国赤鷲勲章ドイツ語版ロシア帝国白鷲勲章ロシア語版ポルトガル王国キリスト勲章なども受勲した[2]

1922年9月26日に死去した。爵位と家督は長男アルバートが継承した。

栄典[編集]

爵位[編集]

勲章[編集]

名誉職その他[編集]

家族[編集]

1887年7月23日に初代リヴェルストック男爵エドワード・バーリング英語版の娘マーガレットと結婚し、彼女との間に以下の6子を儲ける[3]


出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c HANSARD 1803–2005
  2. ^ a b c Venn, J.; Venn, J. A., eds (1922–1958). “Spencer, the Hon. Charles Robert, Viscount Althorp”. Alumni Cantabrigienses (online ed.). Cambridge University Press. 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l Lundy, Darryl. “Charles Robert Spencer, 6th Earl Spencer” (英語). thepeerage.com. 2013年11月3日閲覧。
  4. ^ London Gazette: no. 26320, p. 4881, 1892年8月26日. 2013年11月3日閲覧。
  5. ^ London Gazette: no. 26321, p. 4958, 1892年8月30日. 2013年11月3日閲覧。
  6. ^ London Gazette: no. 26643, p. 3945, 1895年7月12日. 2013年11月3日閲覧。
  7. ^ London Gazette: no. 27866, p. 9171, 1905年12月22日. 2013年11月3日閲覧。
  8. ^ London Gazette: no. 28581, p. 1169, 1912年2月16日. 2013年11月3日閲覧。
  9. ^ London Gazette: no. 27868, p. 9319, 1905年12月29日. 2013年11月3日閲覧。
  10. ^ London Gazette: no. 28190, p. 7834, 1908年10月30日. 2013年11月3日閲覧。
  11. ^ London Gazette: (Supplement) no. 28505, p. 4595, 1911年6月16日. 2013年11月3日閲覧。
  12. ^ London Gazette: no. 28736, p. 4966, 1913年7月11日. 2013年11月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
第4代エクセタ―侯爵英語版
イギリスの旗 副宮内長官英語版
1892年 - 1895年
次代:
初代エイルウィン男爵英語版
先代:
第5代クラレンドン伯爵英語版
イギリスの旗 宮内長官英語版
1905年 - 1912年
次代:
初代サンドハースト子爵英語版
名誉職
先代:
第5代スペンサー伯爵
County Flag of Northamptonshire.png ノーサンプトンシャー州総督英語版
1908年-1922年
次代:
第5代エクセター侯爵英語版
グレートブリテンの爵位
先代:
ジョン・スペンサー
Spencer Arms.svg 第6代スペンサー伯爵
1910年-1922年
次代:
アルバート・スペンサー
イギリスの爵位
先代:
創設
Spencer Arms.svg 初代オールトラップ子爵
1905年-1922年
次代:
アルバート・スペンサー