チャールズ・シーラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャールズ・シーラー

チャールズ・シーラーCharles Sheeler, 1883年7月16日 - 1965年5月7日)は、アメリカの戦間期から戦後にかけてのプレシジョニズム画家写真家

フィラデルフィアに生まれ、絵画を学ぶ。1910年ごろには、写真も始める。モートン・シャンバーグアルフレッド・スティーグリッツとも交流し、アーモリーショーにも作品が展示される。

絵画[編集]

プレシジョニズムを参照。

写真[編集]

シーラーの写真作品は、ストレートフォトグラフィをある意味突き詰めた地点にある。撮影の対象となるのは、建造物(ビル・工場・倉庫など。一般の家もある。都市風景を含む)、乗り物(鉄道・船など)が主であり、それらを、淡々と撮影している。

しかし、新即物主義的な、例えば、レンガー=パッチュの作品と異なり、ある種のやわらかさを持っている。これはおそらく、ストレートフォトグラフィが、必ずしも新即物主義的になるわけではないことを物語っており、ストレートフォトグラフィの手法を用いたピクトリアリスム作品もあることと並んで、ストレートフォトグラフィの幅広さを示しているといえる。

また、ニューヨークを撮影した作品には、ベレニス・アボット都市写真との共通性、工場を撮影した作品には、マーガレット・バーク=ホワイトの作品との共通性などが見られ、シーラー自身の幅広さにも注目する必要がある。

参考文献[編集]

日本語では、あまり文献はない。英語では、例えば、写真に関して次の文献がある。

  • Charles Sheeler, The Photographs / Theodore E. Stebbins, Jr., and Norman Keyes, Jr. / A New York Graphic Society Book, Little, Brown and Company, Boston / 1987 / ISBN 0-87846-285-6 (cloth), 0-87846-289-9 (paper)

外部サイト[編集]