チャールズ・グワスミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チャールズ・グワスミー1938年6月19日 - 2009年8月3日)はアメリカ合衆国建築家。父は画家ロバート・グワスミー(en:Robert Gathmey)、母は写真家ののロザリー​・グワスミー。シャーロット (ノースカロライナ州)に生まれる。グワスミー・シーゲル&アソシエイツ (Gwathmey Siegel & Associates Architects)の主宰者の一人であり、ニューヨーク・ファイブ(en: The New York Five)の一員としてよく知られている。最も知られているものに1992年のニューヨークソロモン・R・グッゲンハイム美術館のリノベーションが挙げられる。1965年から1991年かけては プラット・インスティテュート、クーパー・ユニオン(en:Cooper Union)、プリンストン大学コロンビア大学テキサス大学カリフォルニア大学ロサンゼルス校イェール大学等にて教鞭をとる。食道癌により亡くなる。

略歴[編集]

主要作品[編集]