チャールズ・カニング (初代カニング伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
初代カニング伯爵
チャールズ・カニング
Charles Canning
1st Earl Canning
Lord Viscount Canning.jpg
生年月日 1812年12月14日 - 1862年6月17日
出生地 イギリスの旗 イギリス ロンドンブロンプトン
没年月日 1862年6月17日(満49歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス ロンドングローブナー広場英語版
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
所属政党 保守党ピール派
称号 初代カニング伯爵英語版ガーター勲章士(KG)、バス勲章ナイト・グランド・クロス(GCB)、インドの星勲章英語版ナイト・グランド・コマンダー(GCSI)、枢密顧問官(PC)
親族 ジョージ・カニング(父)
配偶者 シャーロット

任期 1856年2月29日 -1858年11月1日(総督)[1]
1858年11月1日 - 1862年3月12日(副王兼総督)[1]
女王 ヴィクトリア

内閣 第二次ピール内閣
任期 1846年3月2日 - 1846年6月30日

内閣 アバディーン伯爵内閣
任期 1853年1月5日 - 1855年1月30日

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 ウォーリック選挙区英語版
任期 1836年8月23日 - 1837年3月15日[2]

イギリスの旗 貴族院議員
任期 1837年 - 1862年[2]
テンプレートを表示

初代カニング伯爵、チャールズ・ジョン・カニング: Charles John Canning, 1st Earl Canning, KG, GCB, GCSI, PC1812年12月14日 - 1862年6月17日)は、イギリス政治家貴族

1856年から1862年にかけてインド総督を務め、インド大反乱の鎮圧にあたった。首相外相を務めたジョージ・カニングは父である。

経歴[編集]

1812年12月14日、ジョージ・カニングとその妻である初代カニング女子爵ジョアン・カニング英語版の間の三男として、ロンドンブロンプトンに生まれる[3]

イートン校を経てオックスフォード大学クライスト・チャーチへ進学。1836年8月から1837年3月にかけてウォーリック選挙区英語版選出の保守党所属の庶民院議員を務める[3]。1937年3月23日に死去した母からカニング子爵の爵位を継承し、貴族院へ移籍する。

1841年から1846年にかけてサー・ロバート・ピール准男爵内閣の外務政務次官英語版木材・森林長官英語版を務めた[3]

穀物法廃止をめぐる保守党の分裂ではピール派に属した[4]。1853年から1855年にかけてアバディーン伯爵内閣の郵政長官英語版を務める[3][4]

1856年2月、首相パーマストン子爵の人選でインド総督に就任[4]。1857年から1858年にかけてインド大反乱が発生し、その鎮圧の総指揮を執ることとなった。ムガル帝国皇帝バハードゥル・シャー2世を擁立した反乱セポイが立て篭もるデリーを1857年9月に陥落させ、ついで反乱軍が逃れたラクナウにも攻撃を仕掛けて陥落させた。中央インドの反乱は1858年半ばまで続いたが、こちらも1858年6月のグワリオール陥落で事実上平定し、カニングは7月8日にも平和回復宣言を発している。反乱鎮圧の恩賞としてカニング伯爵英語版位を与えられた[5]

鎮圧後、再度の反乱を起こさないための様々な改革を実施した。まずインド軍の中のイギリス人兵士の比率を上げ、インド人兵士の人材確保先もグルカシクパンジャーブを中心にさせた。また砲兵にインド人兵士を配置しないこととした(反乱でインド人砲兵に苦しめられたため)。反乱の原因の一つとなった前総督ダルハウジー伯爵制定の「失権の原則」(藩王国取りつぶしを企図した養子への相続を認めない相続法)も廃止し、イギリス女王に忠誠を誓った藩王には養子相続や領土保全を認め、忠誠への様々な見返りも与えるようにした[6]

この反乱を機にインドはイギリス東インド会社の統治からヴィクトリア女王(女王陛下の政府)の直接統治へ移行した。カニングもそれに対応した財政・司法・行政・軍事などの制度変更を実施した[7]

インドで健康を害し[7]、帰国間もない1862年6月17日にロンドングローブナー広場英語版で死去した[3]

栄典[編集]

爵位[編集]

勲章[編集]

その他[編集]

家族[編集]

1832年に初代ステュアート・ド・ロスシー男爵チャールズ・ステュアート英語版の娘シャーロットと結婚したが、子供には恵まれなかった[3]

シャーロットは夫のインド総督在任中にマラリアにかかって死没している[7]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 秦(2001) p.100
  2. ^ a b UK Parliament. “Hon. Charles Canning” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年3月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i Lundy, Darryl. “Charles John Canning, 1st Earl Canning” (英語). thepeerage.com. 2014年3月6日閲覧。
  4. ^ a b c 浜渦(1999) p.107
  5. ^ 浜渦(1999) p.110
  6. ^ 浜渦(1999) p.111
  7. ^ a b c 浜渦(1999) p.112

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
エドワード・ボルトン・キング英語版
サー・チャールズ・グレンヴィル英語版
ウォーリック選挙区英語版選出庶民院議員
同一選挙区当選者
エドワード・ボルトン・キング英語版

1836年 - 1837年
次代:
エドワード・ボルトン・キング英語版
ウィリアム・コリンズ英語版
公職
先代:
ルーソン卿
外務政務次官英語版
1841年 - 1846年
次代:
ジョージ・スマイス英語版
先代:
リンカン伯爵
木材・森林長官英語版
1846年
次代:
モーペス子爵英語版
先代:
第4代ハードウィック伯爵英語版
郵政長官英語版
1853年 - 1855年
次代:
第8代アーガイル公爵
官職
先代:
第10代ダルハウジー伯爵
インド総督
1856年1862年
次代:
第8代エルギン伯爵
新設 インド副王
1858年1862年
イギリスの爵位
先代:
ジョアン・カニング英語版
第2代カニング子爵
1837年1862年
廃絶
新設 初代カニング伯爵英語版
1859年1862年