チャールズ・ウィルソン (アメリカンフットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャールズ・ウィルソン

Charles Wilson  No. 88, 84, 89

ワイドレシーバー
生年月日:1968年7月1日(46歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州タラハシー
身長:5' 10" =約177.8cm 体重:185 lb =約83.9kg
NFLデビュー
1990年グリーンベイ・パッカーズ
経歴
大学メンフィス州立大学
NFLドラフト1990年 / 5巡目(全体の132番目)
 所属チーム:
通算成績
(1995年までの成績)
レシーブ回数     113回
レシーブ獲得ヤード     1,750ヤード
TDレシーブ     11回
キックオフリターンTD     1回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

チャールズ・ウィルソン(Charles Wilson 1968年7月1日- )はフロリダ州タラハシー出身のアメリカンフットボール選手。NFLの3チームで1990年から1995年までプレーした。ポジションはワイドレシーバー

経歴[編集]

1991年の第6週ダラス・カウボーイズ戦で82ヤードのキックオフリターンタッチダウンをあげた。また第11週のミネソタ・バイキングス戦ではマイク・トムザックから75ヤードのタッチダウンレシーブを受けている[1]

タンパベイ・バッカニアーズに所属した1994年、開幕から8試合、16回のキャッチで321ヤードを獲得、3タッチダウンをあげたがハムストリングスを痛めて2試合に欠場、復帰後3試合でわずか4回のキャッチで47ヤードの獲得にとどまっていたが、ロサンゼルス・ラムズ戦では4回のキャッチで176ヤードを獲得、2タッチダウンをあげてチームの勝利に貢献した[2]。この年31回のキャッチで平均21.0ヤード、651ヤードを獲得した[3]

1995年8月、マーク・スピンドラーと共に1996年のドラフト4巡と引き換えでニューヨーク・ジェッツに移籍した[4]。ディープスリートとして期待されていたが1回のキャッチあたり平均11.5ヤードにも満たず、翌年のドラフト1巡でキーショーン・ジョンソン、2巡でアレックス・バンダイクが指名され[5]1年でチームを去った[6]

NFLでの6シーズンの成績は、先発22試合を含む76試合に出場、113回のキャッチで1,750ヤードを獲得、12タッチダウンであった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Charles Wilson Career Touchdown Log”. pro-football-reference.com. 2011年10月15日閲覧。
  2. ^ Wilson's Big Catches Burn Rams Deep”. Orlando sentinel (1994年12月12日). 2011年10月15日閲覧。
  3. ^ 1995 Pacific Prisms Gold #197”. images.checkoutmycards.com. 2011年10月15日閲覧。
  4. ^ Marc Spindler And Charles Wilson Were Sent To The Jets. Vince Workman Was Among Five Players Cut.”. Orlando Sentinel (1995年8月28日). 2011年10月15日閲覧。
  5. ^ FOOTBALL;Jets Match Their Draftees to Their Needs”. ニューヨーク・タイムズ (1996年4月22日). 2011年10月15日閲覧。
  6. ^ Another Drop For Mitchell Jets Let Tight End Go”. ニューヨーク・デイリーニューズ (1996年4月24日). 2011年10月15日閲覧。

外部リンク[編集]