チャーク水道橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャーク水道橋
Chirk Aqueduct
ChirkAqueductBelow.JPG
所在地 イギリスの旗 イギリス
チャーク (Chirk)
ランゴレン運河 (Llangollen Canal)
セイリオグ渓谷 (Ceiriog Valley)
長さ 220m (710フィート)
高さ 21m (70フィート)
建築家
技術者
トーマス・テルフォード
(Thomas Telford)
形式 可航水道橋 (Navigable aqueduct)
素材 鋳鉄、石造建築 (Masonry)
建設 1801年
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

チャーク水道橋(チャークすいどうきょう、英語: Chirk Aqueduct)は、高さ21m(70フィート)、長さ220m(710フィート)の航行可能な水道橋可航水道橋Navigable aqueduct)であり、チャーク (Chirk) に近いイングランドウェールズの境界で、現在もランゴレン運河 (Llangollen Canal) をセイリオグ渓谷 (Ceiriog Valley) の向こう側に渡している。

チャーク水道橋は、エルズミア運河 (Ellesmere Canal) のためにトーマス・テルフォード (Thomas Telford) によって設計され、1801年に完成した[1]。水道橋は水を保持する鋳鉄製のトラフ(溝部)を備えるが、石造壁が内側の鋳鉄を効果的に隠している。 チャーク水道橋は、テルフォードによる革新的なシュルーズベリー運河 (Shrewsbury Canal) のロングドン・オン・ターン水道橋 (Longdon-on-Tern aqueduct) より続くもので、さらにランゴレン運河のポントカサステ水道橋の先駆けであった。[2]

水道橋上より、左上側の鉄道高架橋と、前方にチャーク・トンネル入口。

テルフォードは水道橋ならびに橋における鋳鉄の使用の先駆者であった。そして鋳鉄のトラフは、イギリスの運河網のほか、特にしっかりと水を漏らさない交差部や橋が必要であったところで広く使用された。他の有名な例では、バッキンガムシャーミルトン・キーンズにおけるグランド・ジャンクション運河 (Grand Junction Canal) のコスグローブ水道橋 (Cosgrove aqueduct) がある。

チャーク水道橋はそれぞれ幅12m(40フィート)の10のアーチから成る。水面は、地上20m(65フィート)およびセイリオグ川の上21m(70フィート)にある。最初の石は1796年6月17日に据えられた[1]William Hazledine が鉄製部分を水道橋に備えつけた[3]。側板は1870年に水道橋に加えられた。[4]

チャーク・トンネル (Chirk Tunnel) はチャーク水道橋の北端より始まり、ランゴレンに向けて続く運河を通している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Samuel Smiles (2004). The Life of Thomas Telford. Kessinger Publishing. ISBN 1419169912. 
  2. ^ Samuel Smiles (1861). Lives of the Engineers, with an Account of Their Principal Works. J. Murray. 
  3. ^ A. W. Skempton (2002). A Biographical Dictionary of Civil Engineers in Great Britain and Ireland. Thomas Telford. ISBN 072772939X. 
  4. ^ Roger Cragg (1997). Wales and West Central England: Wales and West Central England, 2nd Edition. Thomas Telford. ISBN 0727725769. 

外部リンク[編集]