チャン・リーメイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ちゃん・りーめい
チャン・リーメイ
別名 マト
生年月日 1982年2月2日(32歳)
出生地 日本の旗神奈川県横浜市
国籍 日本
血液型 AB型
ジャンル 女優舞台映画声優
公式サイト チャン・リーメイの天来香
主な作品

舞台
法王庁の避妊法
声優
家庭教師ヒットマンREBORN!
遊☆戯☆王5D's
宙のまにまに

チャン・リーメイ1982年2月2日 - AB型)は、日本で活動している女優声優Love&Light所属。神奈川県出身のハーフ(日本と台湾)。

旧名:豊原 里美(とよはら さとみ)。桐朋学園芸術短期大学演劇専攻卒業。

通称は"マト"。2005年12月2日に芸名を現在のものに改名しているが、中国語台湾語が喋れるというわけではない。

声優活動では『家庭教師ヒットマンREBORN!』(イーピン役)などで知られる。

人物・概要[編集]

2005年からは、BIGLOBEのトラックバック・オーライというブログストリーミングを利用した新感覚のイベントに、当時所属していたサムライム金井アヤとともに参加した。北海道の全支庁を制限時間内に訪れることができれば賞金がもらえるという設定であったものの、訪れる順番はルーレットにより決定するため、制限時間内に訪れることはできなかった。しかし、この失敗はトラックバック・オーライという企画が、第二弾・第三弾と続くきっかけになった。

第二弾は、BIGLOBE社員や旅好きのブロガーを交えての全国的な陣取り合戦に発展した。県の面積をポイントに換算し、制限時間内にどれくらい多くのポイントを稼げるかというものだった。各参加者は逐一自分のブログで状況を報告しあった。

第三弾は、徳川葵があらたにメンバーに加わりインテルデジタルホームについての突撃取材を行った。このデジタルホーム開眼企画の中で豊原里美が監督・脚本、金井アヤが美術を担当し実質15時間で『12月25日』というショートムービーを制作した。

第四弾は、杉山めぐみとコンビを組み、BIGLOBE10周年記念企画「廻る廻る日本の”十(じゅう)”」として、名前に「十」を含む駅を制限時間内に訪れる旅に挑戦した。

プロレス観戦が趣味でドラディションを好んで観戦している。 特技は歌、ピアノ、絵、アクション、お料理。英国認定オーラソーマプラクティショナーの資格を有す。 2010年より『MATOMANIA』のヴォーカリストとしてアーティスト活動も始動。オリジナルの作詞・作曲も手がける。 またヒーリングなどを実践。

ロマゾフィー協会の総師範を務めていたが、同協会の代表者夫婦の逮捕を受け、2010年9月中に当面の芸能活動自粛を発表した[1]。 同事件に関しては、協会主催夫妻以外の全ての会員は被害者であるという警察の認識の下、捜査を終了している。 一部の仕事を2010年12月に解禁し、2011年全ての業務を再開した。

代役[編集]

芸能活動自粛時の代役は以下の通り。

出演作品[編集]

テレビアニメ[編集]

2006年

2008年

2009年

OVA[編集]

ゲーム[編集]

Vシネマ[編集]

映画[編集]

  • Angel.(2005年、角一彦監督)
  • 12月25日(2005年 豊原里美監督・脚本)
  • カキア 〜kakia〜(2006年 船迫誠監督)

イメージDVD[編集]

  • ビリーブ(2004年9月24日、BNS)
  • lady lady(2005年1月28日、i-cf)

舞台[編集]

  • ハイバイ『ヒッキー・カンクーントルネード』(2003年)
  • ハイバイ『ヒッキー・エンゲキリョウホウ』(2003年)
  • ハイバイ『ひどい稽古場』(2003年)
  • ラフカット『ラフカット2003 ファイナリスト』(2003年)
  • ハイバイ『とっとこハムレット!』(2004年)
  • 東京スウィカ『夕焼けの丘写真館』(2004年)
  • ハイバイ『五月のマリ』(2004年)
  • ハイバイ『加納の鼻』(2004年)
  • ハイバイ『クライオー・クライオー』(2005年)
  • G2プロデュース『キャンディ-ズ』(2005年)
  • ハイバイ『ポンポンお前の自意識に小刻みに振りたくなるんだポンポン』(2005年)
  • ハイバイ『ヒッキー・カンクーンエンゲキリョウホウ』(2006年)
  • KOYA-MAP『愛の讃歌』(2006年)
  • ハイバイ『無外流、津川吾郎』(2006年)
  • ハイリンド『法王庁の避妊法』(2007年)
  • S×Sプロデュ―ス『SMILE』(2009年)
  • S×Sプロデュ―ス『SPIRIT』(2010年)
  • ハイバイ『ヒッキー・カンクーントルネードの旅』(2010年)
  • S×Sプロデュースvol.5『SHUFFLE』(2010年8月,シアターサンモール)
  • ニコニコミュージカル『ニコニコニーコ』(2011年3月17日 - 27日、シアターグリーン
  • パルコ・プロデュース「ヒッキー・ソトニデテミターノ」(2012年10月4日-14日、パルコ劇場)

テレビドラマ[編集]

インターネットテレビ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

  • 情報新惑星 (BS日テレ
  • CLUB104(BS朝日)

ドラマCD[編集]

ディスコグラフィ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ファンのみなさま 並びに関係者のみなさまへ”. 株式会社Love&Light. 2010年10月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月13日閲覧。

外部リンク[編集]