チャンプア・ゲッソンリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャンプア・ゲッソンリット
基本情報
本名 ソムチャイ・ローブクゥエーン
通称 黄金の左ミドル
階級 ライトヘビー級(IMF)
国籍 タイ王国の旗 タイ
誕生日 1966年10月13日(48歳)
出身地 タイ王国ブリラム県
身長 175cm
体重 70kg
スタイル ムエタイ
テンプレートを表示

チャンプア・ゲッソンリットChiangpuet Kiangsongrit、男性、1966年10月13日 - )は、タイ出身のムエタイ選手。正しくはチャーンプアック・ギアットソンリットと読む。「チャンプア」とはタイ語で「白象」という意味。

K-1初期に国際戦専用ボクサーとしてムエタイ代表で数々の名勝負を演じる。1980年代、日本のキックボクシングが衰退していた時期、力をつけ始めた欧州キックボクシング勢がタイに乗り込んできだした当時、タイでは重量級の選手がおらず、ムエタイ最強の看板を引っさげてパーヤップ・プレムチャイ、ラクチャート・ソーパサドポンそしてシティーサック・トゥーアヌソン等当時の重量級選手を欧州に送り込むも全敗と言った事態が続き、一部ではもはやムエタイが欧米に勝つのは不可能なのか?と囁かれた中、救世主の如く現れた重量級ムエタイボクサー。当時ヨーロッパ最強と言われたロブ・カーマンを撃破し、ムエタイ最強の名前を再びこの世に知らしめた。

来歴[編集]

1989年11月29日、第2次UWF興行「U-COSMOS」で日本のリングに初登場、安生洋二と戦いドローに終わる。

1991年5月24日、後楽園で行われたWMK世界ヘビー級初代王者決定戦に出場し、マーロン・ベンジャミンと対戦。本来はオーランド・ウィットと対戦する予定だったが、来日できなくなったため、急遽対戦相手が変更になった。試合前には、チャンプアは世界ランク1位、ベンジャミンは世界ランク2位にランクされた。チャンプアが、2Rに左ストレートで最初のダウンを奪うと、左フックで2度目のダウンを奪い、さらに左ストレートで3度目のダウンを奪いKO勝ちを収めWMK初代ヘビー級世界王者となった。なお「WMK」とは、「ワールドマーシャルアーツキックボクシング」という意味である。

1993年4月30日、「K-1 GRAND PRIX '93」に出場。1回戦でブランコ・シカティックと対戦し、KO負けを喫した。

1993年12月19日に開催された80kg以下のトーナメント、K-2グランプリの決勝でアーネスト・ホーストと対戦。10kgもの体重差がありながら打たれても打たれても前に出続けたが、4ラウンドに失神KO負けとなった。しかし、観客からのチャンプアコールと拍手の喝采の中、タンカで運ばれ退場した。

1994年9月18日、K-1 REVENGEにてマイケル・トンプソンと対戦。3R開始直後、左中段後ろ回し蹴りでKO負け。この蹴りで小腸を断裂、しばらく試合から遠ざかっていたがその後再び日本のリングに帰ってくるも、もはや全盛時の勢いはなく数回の試合をこなした後、沖縄での試合を最後に日本のリングから姿を消した。

その後、ゲッソンリットジムの閉鎖を機に拠点をタイのパタヤー市のオランダ人のムエタイジムに移しヨーロッパ等で試合をこなしていたが、2006年12月にパタヤー市で開催された試合を最後にチャンプアが試合を行ったと言う話はない。

戦績[編集]

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 村上竜司 5R終了 判定 The Kakidamishi 1 1999年7月11日
村上竜司 判定 MAキックボクシング
キックボクシング・チャンピオンウォーズ・オールスター戦
1998年10月25日
× マンソン・ギブソン 3R終了 判定 シュートボクシング Shoot the Shooto XX
【シュートボクシングルール】
1998年4月26日
角田信朗 3分5R終了 判定3-0 K-1 BRAVES '97 1997年4月29日
× イワン・ヒポリット 3分3RKO K-1 LEGEND 翔
【K-3 GRAND PRIX 1回戦】
1995年7月16日
杉山傑 3分5R終了 判定3-0 K-LEAGUE オープニングファイト "見参" KENZAN 1995年3月25日
× マイケル・トンプソン 3R 0:02 KO(左中段後ろ回し蹴り) K-1 REVENGE 1994年9月18日
× 金泰泳 3分5R終了 判定0-3 K-1 CHALLENGE
【UKF世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
1994年3月4日
× アーネスト・ホースト 4R 0:40 TKO(右ハイキック) K-2 GRAND PRIX '93
【決勝】
1993年12月19日
タシス"トスカ"ペトリディス 3分3R終了 判定3-0 K-2 GRAND PRIX '93
【準決勝】
1993年12月19日
ロブ・カーマン 3分3R終了 判定3-0 K-2 GRAND PRIX '93
【1回戦】
1993年12月19日
後川聡之 3分5R終了 判定3-0 K-1 ILLUSION 風林火山 "林の章" 1993年9月4日
金泰泳 3分5R終了 判定3-0 聖戦 〜SANCTUARY III〜 風林火山 "風の章"
【UKF世界ライトヘビー級王座決定戦】
1993年6月25日
× ブランコ・シカティック 1R 2:35 KO(右ストレート) K-1 GRAND PRIX '93
【1回戦】
1993年4月30日
マーロン・ベンジャミン 2R 2:18 KO(左ストレート) 【初代WMK世界ヘビー級王者決定戦】 1991年5月24日

空手[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× アンディ・フグ 本戦終了 判定0-5 カラテワールドカップ '93 風林火山 "火の章"
【準々決勝】
1993年10月3日
牛越晋 本戦終了 判定5-0 カラテワールドカップ '93 風林火山 "火の章"
【1回戦】
1993年10月3日

獲得タイトル[編集]

  • WMK世界ヘビー級王座
  • IMF世界ライトヘビー級王座
  • UKF世界ライトヘビー級王座
  • K-2 GRAND PRIX '93 準優勝

関連項目[編集]