チャンス・ザ・ラッパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャンス・ザ・ラッパー
Chance The Rapper
}
基本情報
出生名 チャンセラー・ベネット
Chancelor Bennett
出生 1993年4月16日(21歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカイリノイ州シカゴ
ジャンル ヒップホップR&B
活動期間 2011年 – 現在
公式サイト http://chanceraps.com/

チャンス・ザ・ラッパーChance The Rapper、本名:チャンセラー・ベネットChancelor Bennett1993年4月16日 - )は、アメリカイリノイ州シカゴ出身の男性ヒップホップアーティストである。

概要[編集]

高校1年生の頃、友達とインストゥルメンタル・ヒップホップ・デュオを始めたのが音楽家としての始まり。[1] インタビューの中で彼は、カニエ・ウェストのデビュー・アルバム『The College Dropout』が初めて買って聞いた最初のヒップホップ・アルバムであり、それまでは、ソウルジャズを好んで聞いていたと答えている。[2]

高校3年生の春、10日間の停学処分を受け、2012年4月、その期間に制作された最初のミックステープ10 Day』がリリースされた。この作品は20万回以上のダウンロードがされた。[3] この成功を受け、チャンスは新しい音楽の制作を続け、Childish Gambino, Hoodie AllenJoey Bada$$といったアーティストとのコラボレーションも行った。[4]

2013年4月には2作目のミックステープ『Acid Rap』をリリース。60万回以上のダウンロードを記録した[5]ほか、各音楽メディアから賞賛の声を受けた。 Metacriticによると、20の媒体から、平均で100点満点中86点を獲得している。[6]また、スピンは本作をこの年のベスト・アルバムランキングにおいて2位に[7]ステレオガムは18位に[8]ピッチフォーク・メディアは12位に[9]それぞれ選んでいる。

同年8月にはシカゴの音楽フェスティバル「ロラパルーザ」への出演を果たした[10]

同年9月、ジェイムス・ブレイクの楽曲『Life Round Here』のリミックスを発表。

同年12月、イギリスのラジオ局BBCによる、毎年恒例の有望新人紹介レースであるBBC Sound of 2014にノミネートした[11]。同月、ジャスティン・ビーバーの楽曲『Confident』に客演参加。

2014年3月、スクリレックスの楽曲『Coast Is Clear』に客演参加。

ディスコグラフィ[編集]

ミックステープ[編集]

  • 10 Day (2012年)
  • Acip Rap (2013年)

脚注[編集]

  1. ^ Fat Buddha Store - Music Monday - Chance The Rapper”. 2013年12月5日閲覧。
  2. ^ Chance The Rapper Drops Acid - Page - Interview Magazine”. 2013年12月5日閲覧。
  3. ^ 10 Day Mixtape”. 2013年12月5日閲覧。
  4. ^ Review: Chance the Rapper - Acid Rap”. Brady, Erin (2012年5月8日). 2013年12月5日閲覧。
  5. ^ Chance The Rapper - Acid Rap // Free Mixtape @ DatPiff.com”. 2013年12月5日閲覧。
  6. ^ Critic Reviews for Acid Rap”. 2013年12月5日閲覧。
  7. ^ SPIN's Best Albums of 2013”. Spin. 2014年1月14日閲覧。
  8. ^ The 50 Best Albums of 2013”. Stereogum. 2014年1月14日閲覧。
  9. ^ The Top 50 Albums of 2013”. Pitchfork. 2014年1月14日閲覧。
  10. ^ Chance The Rapper at Lollapalooza 2013”. 2013年12月5日閲覧。
  11. ^ BBC News - BBC Sound of 2014 longlist revealed” (2013年12月2日). 2013年12月5日閲覧。

外部リンク[編集]