チャンキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チャンキング: chunking)ないしチャンク化(チャンクか)は、あるものをより小さな断片に分割したり(チャンキング・ダウン)、逆により大きな断片にまとめたり(チャンキング・アップ)すること。「チャンク」(: chunk)は「塊」の意。

  • 心理学では、情報の断片を類似性など何らかの原理に基づいてより大きな情報の断片の中に統合する過程。
  • 認知心理学では、容量の小さい作業記憶で扱えるように、知識を構造化し圧縮すること。
  • 記憶術では、記憶すべき対象を分割したりグループ化したりして記憶の負担を軽減するテクニック。
  • 自然言語処理では、言語データをより小さな構成要素に分割したり、より大きな構成要素にまとめたりする処理。