チャルニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Charnia Spun.jpg

チャルニア Charnia は、エディアカラ生物群の一種。

中間より左右交互にが分岐しており、のような姿をしている。チャルニアは2つの種類がある。 ひとつは Charnia masoni である。この種類は、1957年に、後に教授になる男子学生のロジャー・メイスンによってレスタシャーのBradgate公園より発見された。 もうひとつは Charia wardi である。この種類は、南東ニューファンドランドで1978年に発見された。

このチャルニアという名前は初めて化石が見つかったチャーンウッド・フォレストの名をとって名づけられた。この生物を、発見当初はフォードはであると、グレースナーはウミエラであると解釈した。アドルフ・ザイラッハー (Adolf Seilacher)と McMenamin によって提起された現代の有力な仮説は、チャルニアがヴェント生物であるということである[要出典]

チャルニアは、最も広範囲にわたって発見されるエディアカラ動物群のcomplex fossilのうちの一種である。イングランドのチャーンウッド・フォレスト、イラン、Olenek、南オーストラリア白海などから発見された。しかしながら、大量のエディアカラ動物群の化石は、ニューファンドランドの南東の海岸に沿って見つかる[1]

チャルニアは、世界のどこでも見つかる最も古い化石の一種である。Charnia wardi は、575 Ma のニューファンドランドでDrook formationで見つかった[2]C. masoni もその後すぐに見つかった。初期の地層で見つかる唯一の合成の化石は、Nimbia である。これは、チャルニアが真正後生動物の祖先である可能性を示唆している。

2008年現在、Charnia wardi はエディアカラ動物群最長の生物である。その長さは最高2メートルに達する。そして、波による影響をうけない深い海底に生息していた。

参考文献[編集]

en:Charnia(18:20, 5 November 2007)より翻訳。

  1. ^ Guy M. Narbonne and James G. Gehling (2003). "Life after snowball: The oldest complex Ediacaran fossils". Geology 31 (1): 27-30.
  2. ^ Grazhdankin, Dima (2004). "Patterns of distribution in the Ediacaran biotas: facies versus biogeography and evolution". Palæobiology 30 (2): 203-221. Retrieved on 2007-03-08.

外部リンク[編集]