チャマメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チャマメ(Chamamé)とはアルゼンチンメソポタミア地方リトラル三州)でのフォルクローレ音楽ジャンルである。

概要[編集]

イエズス会の伝道団は18世紀後半にスペイン王によって追放されるまで、地域に文化的な成長の衝動を与え続けた。この地域内でコリエンテス州ヤペユーは、多くのチャマメのオリジナルが生まれた地点の中でも特に音楽文化の中心となった。さらにスパニッシュ・ギターヴァイオリンアコーディオンなどの楽器の混成が進み、遂に結果として現在我々がチャマメとして知るようなものになった。20世紀初頭にはレコーディングされ、それ以前はしばしばコリエンテス・ポルカと言及されたが、既に1931年にはチャマメという単語は使われた。

チャマメには-オリジナルのチョッティスヴォルガ・ドイツ人の移民によってもたらされたが-特筆されるべきグアラニー族の衝撃があった、20世紀初頭にこの地域に渡って来た移民によってもたらされたスペイン人のギターとヨーロッパのアコーディオンが混成した。

チャマメにおいて最も重要な人物として我々が知ることが出来る名前の中には、ラウル・バルボーサ、アントニオ・タラーゴ・ロス、エルネスト・モンティエル、トランシト・ココマローラ、マリオ・ミラン・メディーナ、そして現在のミュージシャンとしてはチャンゴ・スパシウク、マリオ・ボフィル、もしくはアレハンドロ・ブリッテスなどがいる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]