チャブ錯視

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャブ錯視の例。中心の領域は同一である。

チャブ錯視とは、主観的コントラストが周辺部に依存して知覚される錯視である[1]。ある模様の対象領域が示されるとき、その周辺に同等の空間周波数でより高コントラストな模様が配されると対象領域のコントラストが鈍って見える。この錯視はCharles Chubbらによって1989年に報告された[2]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Lotto RB, Purves D. "An empirical explanation of the Chubb illusion." J Cogn Neurosci. 2001 Jul 1;13(5):547-55. PMID 11506656.
  2. ^ Chubb C, Sperling G, Solomon JA. "Texture interactions determine perceived contrast." Proc Natl Acad Sci U S A. 1989 Dec;86(23):9631-5. PMID 2594791.

外部リンク(英語)[編集]