チャド語派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャド語派(チャド諸語)
話される国 ナイジェリアの旗 ナイジェリアニジェールの旗 ニジェールチャドの旗 チャド中央アフリカ共和国の旗 中央アフリカカメルーンの旗 カメルーン
話者数
言語系統
アフロ・アジア語族
  • チャド語派(チャド諸語)
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3
Afroasiatic languages-en.svg
チャド語派の分布
テンプレートを表示

チャド語派(チャドごは、英語: Chadic languages)・チャド諸語(チャドしょご)は、アフロ・アジア語族に属し、ナイジェリア北部、ニジェールチャド中央アフリカ共和国カメルーンで話されているおよそ200の言語からなる語派。チャド語派の中で最も広く話されているのはハウサ語であり、西アフリカ内陸部のリングワ・フランカとして用いられている。

1977年にニューマンは、チャド語派を4つの言語グループに分類し、以後すべての言語学者に受け入れられた。しかし、4つの言語グループより下位の分類は確固としたものではなく、例えば2006年にブランチは東チャド諸語のA/B分類のみ正しいとした[1]

(A) ハウサ語、ロン語(Ron)、ボール語(Bole)アンガス語(Angas)
(B) バデ語(Bade)ワルジ語(Warji)、ザール語(Zaar)
(A) ブラ語(Bura)、カムウェ語(Kamwe)、バタ語(Bata
(B) イェディナ語(Yedina)、ムスグ語(Musgu
(C) ギダル語(Gidar
(A) トゥマク語(Tumak)、ナンセレ語(Nancere)、ケラ語(Kera
(B) ダンガリート語(Dangaléat)、モキルコ語(Mokilko)、ソコロ語(Sokoro
チャド語派の分類

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Ethnologue entry for Chadic languages
  • Lukas, Johannes (1936) 'The linguistic situation in the Lake Chad area in Central Africa.' Africa, 9, 332–349.
  • Lukas, Johannes. Zentralsudanische Studien, Hamburg 1937;
  • Newman, Paul and Ma, Roxana (1966) 'Comparative Chadic: phonology and lexicon.' Journal of African Languages, 5, 218–251.
  • Newman, Paul (1977) 'Chadic classification and reconstructions.' Afroasiatic Linguistics 5, 1, 1–42.
  • Newman, Paul (1978) 'Chado-Hamitic 'adieu': new thoughts on Chadic language classification', in Fronzaroli, Pelio (ed.), Atti del Secondo Congresso Internazionale di Linguistica Camito-Semitica. Florence: Instituto de Linguistica e di Lingue Orientali, Università di Firenze, 389–397.
  • Newman, Paul (1980) The Classification of Chadic within Afroasiatic. Leiden: Universitaire Pers Leiden.
  • Herrmann Jungraithmayr, Kiyoshi Shimizu: Chadic lexical roots. Reimer, Berlin 1981.
  • Herrmann Jungraithmayr, Dymitr Ibriszimow: Chadic lexical roots. 2 volumes. Reimer, Berlin 1994
  • Schuh, Russell (2003) 'Chadic overview', in M. Lionel Bender, Gabor Takacs, and David L. Appleyard (eds.), Selected Comparative-Historical Afrasian Linguistic Studies in Memory of Igor M. Diakonoff, LINCOM Europa, 55–60.

外部リンク[編集]