チャド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チャド共和国から転送)
移動: 案内検索
チャド共和国
République du Tchad (フランス語)
جمهوريّة تشاد (アラビア語)
チャドの国旗 チャドの国章
国旗 国章
国の標語:Unité - Travail - Progrès
(フランス語: 統一 - 労働 - 進歩)
国歌La Tchadienne
チャドの位置
公用語 フランス語アラビア語
首都 ンジャメナ
最大の都市 ンジャメナ
政府
大統領 イドリス・デビ
首相 カルズベ・パイミ・ドゥベ
面積
総計 1,284,000km220位
水面積率 1.9%
人口
総計(2012年 12,000,000人(???位
人口密度 7人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2008年 3兆7,396億[1]CFAフラン
GDP(MER
合計(2008年 83億[1]ドル(123位
GDP(PPP
合計(2008年 108億6,000万[1]ドル(161位
1人あたり 1,656[1]ドル
独立
 - 日付
フランスより
1960年8月11日
通貨 CFAフランXAF
時間帯 UTC (+1)(DST:なし)
ISO 3166-1 TD / TCD
ccTLD .td
国際電話番号 235

チャド共和国(チャドきょうわこく、République du Tchad)、通称チャドは、アフリカ中央部の国家スーダン中央アフリカカメルーンナイジェリアニジェールリビアと国境を接する。首都はンジャメナ

国名[編集]

正式名称はフランス語で République du Tchad (レピュブリク・デュ・チャド)。通称 Tchad (チャド)。アラビア語で جمهورية تشاد (Jumhūriyyat Tshād)。

公式の英語表記は Republic of Chad (リパブリック・オヴ・チャド)。通称 Chad (チャド)。

日本語の表記はチャド共和国。通称チャド。

歴史[編集]

チャド内戦[編集]

2006年4月13日、反政府勢力en:United Front for Democratic Change(FUC)が首都ンジャメナに侵攻(en:Battle of N'Djamena (2006))。

2008年2月2日、FUCを含む反政府勢力en:Union of Forces for Democracy and Development(UFDD)が首都ンジャメナに侵攻(en:Battle of N'Djamena (2008))。

政治[編集]

第7代大統領イドリス・デビ

チャドは共和制をとる立憲国家である。現行憲法1996年3月31日の国民投票により承認されたもの。世界各国の汚職を監視している非政府組織 (NGO) の一つトランスペアレンシー・インターナショナル(本部ベルリン)は、2005年10月に腐敗認識指数 (CPI: Corruption Perceptions Index) を発表した。対象地域は159の国と地域。発表によると、他の4か国と並んでチャドが最下位であった。

元首[編集]

国家元首である大統領は、国民の直接選挙により選出され、任期は5年。再選制限は無い。

行政[編集]

首相は大統領により任命される。内閣に相当する国家評議会の委員は、首相の推薦に基づき大統領が任命する。

立法[編集]

議会は憲法上は二院制で、上院と国民議会(下院)で構成される。しかし実際は上院は未設置で、国民議会のみで運営されている。国民議会議員は国民の直接選挙で選出され、任期は4年。

主要政党には現大統領イドリス・デビ率いる愛国救済運動があり、1990年以来の長期政権を維持している。野党勢力は脆弱だが、比較的有力なものに民主進歩連合、共和国連邦運動がある。

司法[編集]

最高司法機関は最高裁判所である。

外交[編集]

2004年頃から隣国スーダンのダルフール紛争が激化した影響により、国内の反政府勢力も活発化。2006年4月には、反政府軍から首都ンジャメナが攻撃を受ける事態となった。イドリス・デビ大統領は攻撃を撃退し、翌5月の総選挙で勝利し再び国内の体制固めを行ったものの、2008年1月にはウムハジェル英語版アティが反政府勢力の影響下となり、翌2月には再び首都ンジャメナが攻撃に晒される状況となっている。

なお、中華民国の承認国だったが(1962年 - 1972年1997年 - 2006年)、2006年8月に、アフリカにおいて積極的な外交を進める中華人民共和国と復交した。そのため、中華民国とは現在断交している。

経済[編集]

経済不振の原因として、長年の内戦状態と交通網の不整備がある。道路網はほとんど未舗装であり、雨季には使用できなくなる。またチャド湖に繋がる河川は水上交通として利用されるが、こちらは近年の砂漠化の進行で、雨季の限られた期間しか船舶の通行ができない。

アメリカのシンクタンクによれば、2010年度の失敗国家ランキング第2位に終わった。

農業[編集]

チャド湖に流れ込む河川地域を中心にひろがる農業に依存している。主な農業生産物は綿花であり、石油生産が始まるまでは輸出の70%程度を占めていた。南部を中心にウシラクダによる牧畜も行われており、それらから取れる肉、皮も輸出されている。

石油・エネルギー産業[編集]

2003年に、南部ロゴン・オリエンタル州ドバ油田からカメルーンのクリビ港までのパイプライン1,070kmが完成。日量10万バーレルの石油生産が始まった。現在、チャドの輸出の8割は原油によって占められている。ドバ油田から上がる収益は監視委員会によって管理されている。また、アオゾウ地帯ウラン鉱脈が発見されたが開発が遅れている。

地理[編集]

チャドの地図
衛星画像

国土面積128万4千平方km²は世界で21番目で、ペルーよりやや小さく、南アフリカより大きい。国の大部分をチャド盆地が占める。地理区分として北部はサハラ砂漠、中部はサヘル、南部はサバナになる。西部のチャド湖は7千年前に33万平方km²もあった巨大な湖の名残で、現在も砂漠化により縮小している。シャリ川: Chari River)やロゴーヌ川英語版が南部からチャド湖に注ぐ。国の最高地点は北部のティベスティ山地にあるエミクーシ山(標高3445m)である。en:Ennedi Plateauにあるオアシスen:Guelta d'Archeiは野生のラクダが集まることで知られている。

熱帯前線が南から北へ移動するため、雨季はサバナで5月から10月にかけて、サヘルで6月から9月となる。北部砂漠の年間降水量は50mm、南部サバナは900mmである。

地方行政区分[編集]

主要都市[編集]

主要な都市はンジャメナ(首都)がある。人口10万人以上の都市はムンドゥサールがある。

国民[編集]

民族[編集]

住民は、スーダン系黒人が大半を占めており200以上の部族に分かれる。大きく分けると、北部・中部のムスリム中心の部族と南部の非ムスリム中心の部族に分けられる。アラブ系民族は人口の14%を占める。アラブ系部族、非アラブ系ムスリム部族、非ムスリム部族と、一見、隣国スーダンの国民構成と類似しているように見えるが、人口比率は大きく異なる。スーダンで人口の半数以上を占めるアラブ系部族はチャドでは少数派である。またチャドでは非ムスリム部族の人口に占める割合も高い。チャドで最も人口が多い民族であるサラ族英語版は、伝統宗教やキリスト教の信者が大半である。フラニ族ハウサ人トゥーブゥー系英語版ザガワ人)、バッガーラ族英語版ディファ・アラブ英語版[2])。

言語[編集]

言語は、フランス語アラビア語が公用語である。その他、現地の言葉として南部のサラ語英語版トゥーブゥー語英語版(Toubou)、テダ語英語版ダザガ語など120以上の言葉が使われている。

宗教[編集]

宗教イスラームが51%、キリスト教が35%、アニミズムが7%、その他(ブードゥー教バハーイー教エホバの証人)が7%である。国土の大部分がイスラム教徒の多数派地域だが、人口は、南部の非イスラム教徒多数派地域に集中している。そのため、国全体での割合から見ればイスラム教徒の比率はそれほど高くは無い。

教育[編集]

文化[編集]

伝統的な装束を纏った人々
祝祭日
日付 日本語表記 現地語表記 備考
4月13日 国民デー
5月1日 メーデー
5月13日 アフリカの日
8月11日 独立記念日
11月28日 共和国の日

脚注[編集]

  1. ^ a b c d IMF Data and Statistics 2009年4月27日閲覧([1]
  2. ^ カネム州ニジェールディファ州等を遊牧活動の範囲としている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]