チャッチャイ・サーサクン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャッチャイ・サーサクン
基本情報
本名 Chatchai Sasakul
階級 スーパーフライ級
国籍 タイの旗 タイ
誕生日 1970年2月5日(44歳)
出身地 タイ、バンコク
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 69
勝ち 65
KO勝ち 40
敗け 4
テンプレートを表示

チャッチャイ・サーサクンタイ語: ฉัตรชัย อีลิทยิม: Chatchai Sasakul、男性、1970年2月5日 - )は、タイバンコク出身のプロボクサー。元WBC世界フライ級王者。チャッチャイ・ダッチボーイジムチャッチャイ・イーリックジムとも。

来歴・人物[編集]

アマチュア時代、ソウルオリンピックに出場。2回戦から勝ち上がるも準々決勝で敗れる。

1991年8月6日、プロデビュー。

1992年3月20日、4戦目でWBCインターナショナルフライ級王座獲得。その後、同年6月にWBC世界フライ級王座を獲得したユーリ海老原(後の勇利アルバチャコフ)への挑戦が決まるも、腰痛悪化のため取り止め。その後、ノンタイトル戦をはさみながら、インターナショナル王座防衛に2度成功した。

1995年9月25日、無敗のまま世界初挑戦。東京で勇利に挑むも12回判定負け。プロ初黒星となった。

世界初挑戦失敗後、1997年1月まで8連勝を記録。

同年5月9日、母国タイで世界再挑戦(勇利負傷による長期休養に伴い、WBC世界フライ級暫定王座決定戦出場)。勇利に挑戦経験のあるイサイアス・サムディオ(米国)を12回判定に降し、王座獲得を果たした。8月1日に初防衛に成功した後、11月に再来日。12日に札幌で王座統一戦として勇利と再戦し、12回判定勝ち。2年前の雪辱に成功すると同時に、WBC世界フライ級の正規王者に昇格を果たした。

1998年、さらに2度の王座防衛を果たすも、同年12月4日、(暫定王座からの通算)5度目の防衛戦でフィリピンの新鋭マニー・パッキャオに8回KO負けを喫し、世界王座から陥落した。

世界王座陥落後、2000年9月まで7試合を行い全勝するも、その後2001年2002年は1試合も行わず。

2003年7月25日、2年10か月ぶりに試合を行う(3回TKO勝ち)。同年9月5日、ABCO(アジアボクシング評議会=WBCの傘下組織)バンタム級暫定王座を獲得。3度防衛後の2004年7月に正規王者に認定され、その後4度目の防衛にも成功。

2004年3月7日、3度目の来日。岐阜で宇野スナオ(岐阜ヨコゼキ)と対戦、10回判定勝ち。2回に首を掴まれて引き倒されたのをダウンとされたものの、5回にクリーンなダウンを奪い返すなどして試合を優位に進め、2-1の判定勝ちを収めた。

2005年10月に王座返上後、12月に4度目の来日。同12日に相澤国之と対戦。しかし、10回判定負けを喫した。

その後、2006年7月28日、ABCOスーパーフライ級暫定王座を獲得。9月7日には初防衛に成功。

2007年10月24日、タイにてマービン・タンポス(フィリピン)と対戦、8回判定勝利。

2008年8月30日、WBC世界フライ級王座陥落時以来、10年ぶりの世界戦。WBA・WBC統一世界スーパーフライ級王者クリスチャン・ミハレスメキシコ)に挑戦するが、3回TKO負け。10年ぶりの世界王座返り咲きは果たせなかった。

通算成績[編集]

  • 68戦64勝(39KO)4敗

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
勇利アルバチャコフ
第31代
(暫定→正規)WBC世界フライ級王者

暫定:1997年5月9日 - 1997年11月12日
正規:1997年11月12日 - 1998年12月4日

次王者
マニー・パッキャオ