チャック・ノリス in 地獄の銃弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャック・ノリス in 地獄の銃弾
The Cutter
監督 ウィリアム・タネン
脚本 ブルース・ハスケット(Bruce Haskett)
製作 ダニー・ラーナー(Danny Lerner)
ピンチャス・ペリー(Pinchas Perry)
レス・ウェルドン(Les Weldon)
製作総指揮 アーロン・ノリス
チャック・ノリス
アヴィ・ラーナー
ダニー・ディムボート
トレヴァー・ショート
ボアズ・デヴィッドソン
出演者 チャック・ノリス
ジョアンナ・パクラ
ダニエル・バーンハード英語版
バーニー・コペル英語版
トッド・ジェンセン英語版
音楽 エリア・クミラル英語版
撮影 ピーター・モス(Peter Moss)
編集 ジェイソン・A・ペイン(Jason A. Payne)
配給 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
公開 2005年11月23日(ルーマニア)
2006年3月14日(米国)
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

チャック・ノリス in 地獄の銃弾』(原題:The Cutter)は、2005年に公開されたアメリカのビデオ映画チャック・ノリス主演。アメリカでは暴力描写の多さからR指定を受けた。

本作の台詞にはノリスの決まり文句が数多く含まれている[1][2][3]。撮影はスポケーンで行われ、スポケーン交通局英語版の全面的な協力を受けて公共バスなど多くの公共交通機関が撮影の為に利用された[4]

あらすじ[編集]

ワシントン州スポケーン。元刑事の私立探偵ジョン・シェパードは、ある日偶然にも誘拐事件の現場に遭遇する。シェパードは悪漢を制圧して誘拐を阻止するが、さらわれようとしていた女性はそのまま逃げてしまう。しかし後日、その女性エリザベス・テラーがシェパードの元を訪れた。彼女は行方不明になった宝石職人の叔父アイザック・テラーを探して欲しいという。

シェパードは悪漢の襲撃を退けつつ、警察時代の同僚を始めとする協力者の助けを得て捜査を続けていく。やがて、この誘拐の裏にはシナイ砂漠の遺跡発掘現場で起こった宝石強盗、ホロコーストからの生存者であるアイザックの過去、そしてアウシュヴィッツ収容所に勤務していた元SS隊員の陰謀が関わっている事が明らかになってゆく。

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]