チャイニーズリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チャイニーズリング (Chinese ring) とは、知恵の輪の一種。九連環(きゅうれんかん)ともいう。

チャイニーズリング

構造[編集]

金属製の輪が順につながった形をしている。それに針金の細長い輪をさしいれ、根本までからませている。

はずすときは、すべての輪をはずして、本体と細長い輪が分離された状態にする(写真参照)。

ChineseRing2.JPG

根元の方の輪をはずす(かける)ためには、先の方の輪をかけたりはずしたりしなければならない。はずすための作業数は輪の個数nに対して、

奇数の場合

\frac{2^{n+1}-1}{3}

偶数の場合

\frac{2^{n+1}-2}{3}

となる。つまり、輪が1個増えるごとに作業量が約2倍になる。

商品[編集]

知恵の輪の一種として市販されている。「九連環」という名前が通用していることから、輪が9個のものが最も多い。しかし5個のものや、11個や13個のもの、さらにもっと多いものも存在する。

ChineseRing3.JPG

輪が5個の商品

歴史[編集]

チャイニーズリングは、もっとも古い種類の知恵の輪と考えられている。

戦国策』には、「秦の昭王が斉国に玉連環を贈った」という記述が出てくる。確証はないがこの「玉連環」が、「九連環」と同種のものであるといわれている。

一方では九連環は、「諸葛亮が、妻の無聊を慰めるために考案した」という伝説もある。

イタリアの数学者カルダーノが1550年に書いた本でチャイニーズリングを論じている。なおイタリアではチャイニーズリングを「カルダノの輪」と呼んでいる。

チャイニーズリングは、錠前の一種として、財布の留め金に用いられたという。『蘭学事始』の中には、平賀源内カピタン(オランダ商館長)に会ったとき、知恵の輪付の金袋を出されたという話が載っている。

この口試みに明け給ふべし、あけたる人に参らすべしといへり。その口は智惠の輪にしたるものなり。座客次第に傳へさまざま工夫すれども、誰も開き兼ねたり。遂に末座の源内に至れり。源内これを手に取り暫く考え居しが、たちまち口を開き出せり。」(『蘭学事始』より)

このときの袋に付いていた知恵の輪はチャイニーズリングであろうと思われる。

和算家の会田安明は、数え年で9歳の時九連環を解いたと自伝『自在物談』に書き残している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 清楽 - 江戸後期から明治にかけて、チャイニーズリングをモチーフにした「九連環」という中国(当時は)の歌が、日本でも大流行した。
  • 人形劇 三国志NHK) - シリーズ序盤で登場している悪役董卓について、大のチャイニーズリング好きという独自脚色を行なった。

外部リンク[編集]