チチタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チチタケ
チチタケ.jpg
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
亜門 : ハラタケ亜門 Agaricomycotina
: ハラタケ綱 Agaricomycetes
: ベニタケ目 Russulales
: ベニタケ科 Russulaceae
: チチタケ属 Lactarius
: チチタケ節 Sect. Dulces
: チチタケ L. volemus
学名
Lactarius volemus (Fr.:Fr.) Fr.
和名
チチタケ
チチタケ、乾燥
100 g (3.5 oz)あたりの栄養価
エネルギー 1,631 kJ (390 kcal)
64 g
4 g
25.2 g
ミネラル
鉄分
(12%)
1.5 mg
マンガン
(67%)
1.4 mg
亜鉛
(35%)
3.3 mg
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

チチタケ乳茸Lactarius volemus (Fr.:Fr.) Fr.)はベニタケ目ベニタケ科チチタケ属チチタケ節のキノコ

概要[編集]

夏から秋にブナ科の林に群生する。は茶色から赤茶色。ひだは密で白色だが、古いものはやや黄色い。傷をつけると多量の乳液が出て褐色に変化する。はやや茶色いが、ほぼ白色でやや渋みがある。無臭。傷口はひだと同じく変色する。の表面は傘とほぼ同色。

傷をつけると出てくる乳液は、ゴムノキなどが生成する天然ポリイソプレンの低分子を主成分としており、ゴムの分子構造研究の格好の材料ともなっている。この乳液の量はチチタケ1個体につき2.5〜4.3パーセントを占めるという[1]

食用[編集]

食用となるが、地域によってはぼそぼそした食感が好まれず[2]、見向きもされない場合もある[2][3][4]。しかし香りが強く、調理法によっては独特の良い出汁が出るため、うどん蕎麦のつゆなどに具として用いられる場合もある[2][3][5]。特に栃木県ではチチタケとその近縁種[6]チタケの名で好んで食べられ、炒めたナスとチチタケをつゆに用いる「ちたけそば」は代表的な郷土料理として親しまれている[3][5]。またヨーロッパにもチチタケを食用する習慣があり、ありふれたキノコとして市場に流通している地域もあるという[1]

栃木県では毎年のシーズンになるとこのキノコを目当てに山林に分け入り、遭難し死傷する者が後を絶たないほどの人気があった[7]。栃木県でチチタケを食用とする習慣は少なくとも江戸時代享保年間の時点で記録が存在し[8]、かつては身近な食用キノコであったと考えられている[4]。しかし1990年代から2000年代頃になると、乱獲や雑木林の荒廃などによって栃木県内産のチチタケは減少傾向にあり、生の日本産がマツタケ以上の高額で取引される場合もある一方、安価な中国からの輸入品が水煮などの形でスーパーマーケットに出回るようになった[3][9]

一方、チチタケはキノコの中でも放射性物質を取り込みやすい傾向が高いといわれる[10]2011年3月11日東日本大震災では、栃木県と隣接する福島県で福島第一原子力発電所事故が発生し、チチタケの消費地や産地に深刻な放射能汚染の被害を及ぼした。2011年9月には福島県棚倉町に自生していたチチタケから、当時の暫定規制値(1キログラムあたり500ベクレル)の56倍に相当する1キログラムあたり28,000ベクレルの放射性セシウムが検出されており[11][12]、翌年の2012年10月には福島から離れた青森県でも、その時点での食品衛生法の基準値(1キログラムあたり100ベクレル)を上回る1キログラムあたり120ベクレルの放射性セシウムが検出されている[10]

近縁種のヒロハチチタケ (L. hygrophoroides ) 、チリメンチチタケL. corrugis )も同様に食用となる[13]。福島県産のチチタケ類はチリメンチチタケが多いとされるが、味はチチタケに劣るとされる[6]。なお近縁種にはキチチタケのように食用には不適[14]、もしくは有毒とされる種類もある。

脚注[編集]

  1. ^ a b 栃木県きのこ同好会 1995, p. 13
  2. ^ a b c 荒川じんぺい (2004年7月17日). “企画特集 やまなしに想う 荒川 じんぺいさん キノコ採り独り占め”. asahi.com マイタウン 山梨 (朝日新聞社). http://mytown.asahi.com/yamanashi/news.php?k_id=20000129999990709 2009年8月24日閲覧。 
  3. ^ a b c d 才本淳子 (2010年3月18日). “チタケ 中国産増加”. 朝日新聞朝刊 栃木版13版 (朝日新聞社): p. 35面. http://www.asahi.com/food/news/TKY201003180225.html 2010年4月19日閲覧。 
  4. ^ a b 栃木県きのこ同好会 1995, p. 10
  5. ^ a b 栃木県の郷土料理|ちたけそば”. 農山漁村の郷土料理百選. 財団法人農村開発企画委員会 (2008年). 2010年4月19日閲覧。
  6. ^ a b 栃木県きのこ同好会 1995, p. 12
  7. ^ 吉永岳央 (2009年8月23日). “今年の山岳遭難23人 昨年同期比8人増、県警まとめ チタケ採り、事故目立つ”. 朝日新聞朝刊 栃木版 (朝日新聞社): p. 37面 
  8. ^ 栃木県きのこ同好会 1995, p. 11
  9. ^ 栃木県きのこ同好会 1995, p. 14
  10. ^ a b 松浦大輔 (2012年10月13日). “十和田のチチタケから基準値超セシウム”. デーリー東北 (デーリー東北新聞社). http://cgi.daily-tohoku.co.jp/cgi-bin/news/2012/10/13/new1210131101.htm 2014年3月17日閲覧。 
  11. ^ “チチタケから規制値大幅超セシウム…福島・棚倉”. YOMIURI ONLINE. 読売新聞 (読売新聞社). (2011年9月3日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110903-OYT1T00616.htm 2014年3月17日閲覧。 
  12. ^ “セシウム基準値の56倍 棚倉のチチタケから検出”. 福島民報 (福島民報社). (2011年9月4日). http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2011/09/post_1880.html 2014年3月17日閲覧。 
  13. ^ 栃木県きのこ同好会 1995, p. 63
  14. ^ 栃木県きのこ同好会 1995, p. 193

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]