チチカカオレスティア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チチカカオレスティア
LakeTiticacaOrestia-1835.gif
Orestias cuvieri
保全状況評価[a 1]
DATA DEFICIENT (IUCN Red List)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: カダヤシ目 Cyprinodontiformes
亜目 : キュプリノドン亜目 Cyprinodontoidei
: キュプリノドン科 Cyprinodontidae
: オレスティアス属 Orestias
: チチカカオレスティア O. cuvieri
学名
Orestias cuvieri
Valenciennes, 1846
英名
Titicaca Orestias

チチカカオレスティア学名Orestias cuvieri)は、カダヤシ目キュプリノドン科に所属する淡水魚の一種。ボリビアペルーの国境に位置するチチカカ湖固有種であったが、20世紀中盤までに絶滅したとみられている。

概要[編集]

チチカカ湖とチリ北部から43種が知られる Orestias 属の魚類の中で、チチカカオレスティアは最大種であり、体長22-27cmにまで成長する[1]。湖底付近を遊泳する肉食性底生魚で、主に水深30m付近に生息し、小型の無脊椎動物を捕食していた。腹部を除いて黄金色のに覆われていた。頭部は大きく、全長の3分の1弱にも及ぶ。

絶滅の経緯[編集]

1937年アメリカ合衆国内務省合衆国魚類野生生物局がチチカカ湖にレイクトラウト放流したことが、絶滅のきっかけとなったと考えられている[2]。本種の生息水深はチチカカオレスティアと近く、生息域の競合、あるいは小型個体を捕食されたことにより急激に減少した。1950年頃にはほとんど姿が見られなくなり、1960年に実施された調査ではレイクトラウトや他のオレスティア類は多数確認されたが、チチカカオレスティアは1匹も発見できなかった。

出典・注釈[編集]

  1. ^ 『Fishes of the World Fourth Edition』 pp.288-289
  2. ^ Recently Extinct Animals(英語)

参考文献[編集]

  • Joseph S. Nelson 『Fishes of the World Fourth Edition』 Wiley & Sons, Inc. 2006年 ISBN 0-471-25031-7

外部リンク[編集]

  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • World Conservation Monitoring Centre 1996. Orestias cuvieri. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.