チシマツガザクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チシマツガザクラ
Bryanthus gmelinii (200807).jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ツツジ目 Ericales
: ツツジ科 Ericaceae
: チシマツガザクラ属 Bryanthus
: チシマツガザクラ B. gmelinii
学名
Bryanthus gmelinii
和名
チシマツガザクラ

チシマツガザクラ千島栂桜学名Bryanthus gmelinii)はツツジ科の常緑小低木。チシマツガザクラ属は本種のみの一属一種である。

特徴[編集]

東北地方~北海道高山帯に分布する高山植物。礫地や岩場に生える。高さ5cmほどで、枝は地を這いマット状に広がる。

花期は7-8月。花序は直立し枝先に淡紅色の花を5-8個ほど咲かせる。

和名に「ツガザクラ」とあるが、他のツガザクラの仲間とは全く別種である。